webライティングって稼げるの?


自分の都合のいい時間に、それも自宅で働けることから、webライティングで稼ぎたいと考える人がいます。しかし、実際にwebライティングで稼げるかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事ではwebライティングの現実を紹介します。

収入はどれくらい?

稼げる稼げないの判断は主観によるものなので一概に言うことはできません。また、webライティングは成果報酬であるため、個人の能力によっても大きく左右されます。

一般的に、webライティングの単価は、1文字0.2~0.5円ほどです。たまに1円ほどのものもあります。そして、案件にもよるのですが、1記事あたり1000文字くらいは書きます。なので、1000文字書いて200〜500円くらいです。この1000文字をどれくらいのスピードで書けるかで収入が大きく変わると言えるでしょう。ここは個人差が大きいので本当になんとも言えません。

また、付け加えるならば、記事を書いて納品しても必ずお金がもらえるとは限りません。というのは、一定の品質が求められるからです。記事を書いてもその品質に満たないと判断された場合は、当然ながら0円です。なので、働いた時間だけ確実にお金がもらえるという性質のものではありません。

普通の記事執筆の平均単価

webライティングの事情だけを示しても判断が難しいので、普通の記事執筆の場合と比較してみましょう。ここでの、普通の記事執筆とは、雑誌などの紙媒体の記事のことです。

平均単価は400文字あたり5000円です。ただ最近は紙媒体の売れ行きがよくないということで、まともに5000円を支払うところは少なくなってきているのですが、それでも3000円は出ます。

webライティングにもメリットはあるが…

はっきり言って、webライティングはやらない方がいいです。たしかに、大した実力がなくても、すぐに、自宅で、好きな時間に働けるというのは大きなメリットと言えるでしょう。しかし、繰り返しになりますが、働いた時間確実にお金がもらえるわけではありません。めちゃくちゃ不安定です。いろいろな事情があるかもしれませんが、webライティングをするくらいならばバイトをしている方がいいでしょう。まあ、今の社会状況を考えればwebライティングをやらざるをえないという人もいるはずですが、うーん、難しいところです。

ただ、やるにしてもデメリットをしっかりと把握した上で取り組んだ方がいいでしょう。まず、不安定であることです。これは繰り返し書いている通りです。

次に誰でもできるという点です。webライティングで取り組む案件は、何か特別な知識が求められるたりする性質のものではありません。そしてだからこそ不特定多数の人物に案件を公開できているわけです。単価が低いのも誰でもできるからです。

そして実績になりません。たまにwebライティングをしている人の中に、記事を自分が執筆したものだと考える人がいます。まあ、たしかに書いたのはその人であるのですが、だからといってその記事に自分の名前が出るわけではありません。なぜなら、記事はしょせん広告に過ぎないからです。大切なことなので繰り返しますが、記事は作品ではなく広告でしかありません。案件を発注する企業は、何か売りたい商品があって、それを売るためのマーケティングとして記事を求めているのです。なのでいくら記事を書いても、それは実績にはなりません。

クラウドソーシングサービスではたいてい執筆のコツとかを書いたブログ的なサイトも運営していると思います。その中には「こうすれば書けますよ」的なことが書いてあるのですが、まともなライターからすればごっこ遊びのようにしか見えません。webライティングで頑張るぞと張り切っている人からすれば真剣だと思いますが、正直なところ、かなりレベルの低いことをやっています。

もちろん、多くの人にとってはちょっとした時間に稼げればいいやといった認識であろうと思います。しかし、本当にくどいのですけども、かなり不安定ですし、リターンも少ないです(収入が少ないだけでなく)。なので本当に特別な事情がない限りはwebマーケティングに手を出さないほうがいいでしょう。

まとめ

大切なことなので何度も言いますが、特別な事情がない限りはやらない方がいいです。