東京の有名大学をまとめてみた



東京には138もの大学があり、この数は日本一です。この記事では、特に有名な東京の大学を紹介します。

東京大学

f:id:k024:20181207113654j:plain

(画像:Kakidai、Wikimedia Commons

欧米諸国の大学をモデルとして、1877年に設置された日本初の大学。2年前にドイツで誕生したばかりの理学部を創設当初から持ち、さらに86年には世界で初めて工学部を設置しました。欧米諸国の大学には当たり前のように設置されている神学部や哲学部といったものはありませんが、学部教育の基礎にはリベラルアーツが強く意識されています。

慶應義塾大学

f:id:k024:20181207120501j:plain

(画像:Wiiii、Wikimedia Commons

1858年、福沢諭吉によって作られた蘭学塾がはじまり。1868年(慶應4年)に新学舎へ移転するさい、年号から取って塾名が慶應義塾になりました。独立自尊、実学、気品の泉源などを理念としています。特に経済学と医学に強みがあります。経済学部ではミクロ、マクロ、マルクスの3つを大事にしており、マルクスを今でも教えている大学は珍しいです。

早稲田大学

f:id:k024:20181207121537j:plain

(画像:Arabrity、Wikimedia Commons

1882年、大隈重信によって創設された東京専門学校が前身。1902年大学への昇格に伴い名称を早稲田大学とします。理念は、学問の独立、学問の活用、模範国民の造就。政治経済の分野が強みです。

上智大学

f:id:k024:20181207130812j:plain

(画像:Hykw-a4、Wikimedia Commons

カトリック修道会イエズス会によって1913年に設立されました。設立されたのは1913年ですが、起源としてはフランシスコ・ザビエルの時代までさかのぼります。ザビエルは日本人の知識欲や高い道徳性に感銘を受け、西洋にあるような大学を日本にも作ろうと志しましたが、キリシタン禁制により実現には至りませんでした。しかし、1906年にローマ教皇ピウス10世によって日本にカトリックの大学の設立が要請され、上智大学が誕生しました。

国際基督教大学(ICU)

f:id:k024:20181207131908j:plain

(画像:John Paul Antes、Wikimedia Commons

日本と北米のキリスト教関係者から、超教派のキリスト教大学設立が構想され、1949年YMCA東山荘で開催された会議で国際基督教大学の設立が決定されました。設立資金を集めるために、当時の日銀総裁である一万田尚登、マッカーサー、高松宮宣仁親王などが募金活動を行いました。また、昭和天皇・皇后も個人的に寄付をしています。初代学長は同志社総長を務めた湯浅八郎。ちなみにICUの常勤教員はすべてクリスチャンです。しかし学生は、推奨されているものの、キリスト教の信仰がなくても問題ありません。また、リベラルアーツ教育でも有名。

青山学院大学

f:id:k024:20181207135540j:plain

(画像:蒼井爽、Wikimedia Commons

米国のメソジスト監督教会の宣教師によって設立された、女子小学校、耕教学舎、美會神学校の3校が母体です。地名の青山と、ミッションスクールとしてのカレッジつまり学院から青山学院という名前になっています。青山学院の設立自体は1874年ですが、大学に昇格するのは1949年。教育方針としては、米国の宣教師による学校であることから、リベラルアーツに力を入れています。もともとは神学部があったのですが現在は分離しており、文学部の中にもキリスト教学科はありません。

立教大学

f:id:k024:20181207141047j:plain

(画像:Kakidai、Wikimedia Commons

アメリカ聖公会の宣教師チャニング・ムーア・ウィリアムズ主教が1874年に設立した立教学校が母体。もともとは築地にあり、聖書と英語を教える小さな学校でした。1907年に大学となり、1918年に現在の池袋に移転します。設立当時は目先の利益を追求するような実学や技術が好まれていたため、精神の自由や自立を促すリベラルアーツが重視されています。建学の精神はキリスト教に基づく教育。

明治大学

f:id:k024:20181207134634j:plain

(画像:W-POOL、Wikimedia Commons

1881年に設立された明治法律学校が母体となっています。もともとはフランス法学を教える学校でしたが、総合大学になっており、法学だけではなく商学や経営学なども有名です。建学の精神は、権利自由、独立自治。

中央大学

f:id:k024:20181207143049j:plain

(画像:vil、Wikimedia Commons

18人の法律家により1885年に設立された英吉利法律学校が母体。もともとはイギリス法を教える学校でしたが、日本の法についても教えるようになります。現在は総合大学になっていますが、それでも法学が特に有名で、司法試験合格者の中には中央大学出身者が数多くいます。

日本大学

1889年に設立された日本法律学校が母体。ヨーロッパの法律と日本思想の調和、日本の法律文化の確立、法律教育などを目的としていました。当初は、国家神道を確立し、神職を養成するために作られた皇典講究所で授業をしており、皇典講究所や国学院との関係が深いです。1898年に財団法人組織として独立。1903年に日本大学と改称、1920年に正式に大学へ昇格します。

國學院大学

f:id:k024:20181207150150j:plain

(画像:Ocdp、Wikimedia Commons

神職養成機関である皇典講究所が母体の大学です。1920年に皇典講究所に國學院が設置され、1898年財団法人として独立、1906年に私立國學院大学へ改称、1920年正式に大学へと昇格します。神道の研究で有名で、神社本庁の神職資格を得ることもできます。日本大学とは姉妹校。

駒澤大学

f:id:k024:20181207151146j:plain

(画像:Sevent+heaven、Wikipedia

仏教、曹洞宗が1592年に設立された吉祥寺の学林が起源。この学林は禅の実践、仏教研究などを目的としていました。1925年に大学の認可を受け、駒澤大学となります。建学の精神は、「仏教」の教えと「禅」の心を現代的教育に活かしてゆくこと。仏教学部を持っており、これは日本ではなかなか珍しいです。また、仏教研究を目的とした仏教学科と、禅を専門的に研究する禅学科が設置されています。