スマホの疑問「アカウントってなに?」


最近、親がガラケーからスマホに替えました。スマホの操作や専門用語(?)などがなかなかわかりづらいようで、ショップの店員や友達などに聞きながら何とかやっているようです。そこで、親が躓いたところに関して、どう答えるのがわかりやすいだろうかと個人的に考えてみました。私が親から聞かれたわけではないので答えてはおらず、そのためこの記事で紹介する答えの反応もわからないのですが、せっかく考えたんだしということで書こうと思います。

「アカウントってなに?」

銀行口座みたいなもの。ATMにカードと暗証番号を入れたら自分のお金の管理画面を見ることができるけど、それと同じようなもので、カードと暗証番号の代わりにID(メールアドレス)とパスワードを入れると自分が使っているサービスの管理画面が見られる、という仕組みのこと。

ちなみにアカウントは端末に関係なく使える。銀行のATMからでもコンビニATMからでもカードと暗証番号があれば自分のお金の管理画面が見られるけど、同じように、スマホからでもパソコンからでも使える。逆に言えば、IDとパスワードが他人に知られると、他人のスマホやパソコンから自分の画面が見れるわけだから、IDとパスワードは大事に保管しないといけない。

それから、アカウントはサービスごとに必要になる。三菱UFJ銀行にお金を預けるなら三菱UFJ銀行の口座が必要で、みずほ銀行に預けるならみずほ銀行の口座が必要になるのと同じように、Googleを使うにはGoogleのアカウントが、アマゾンを使うならアマゾンのアカウントが必要になる。

「iPhoneとアンドロイドの違いってなに?」

ものすごく大雑把に言うと、クレジットカードのVISAとMasterCardの違いみたいなものかな。どっちもクレジットカードとして利用することができる。でも、加盟店の数や会員特典の内容なんかが違っていたりと微妙な違いがある。

iPhoneとアンドロイドも似たようなもので、どちらもスマホとして使うことができるけど、使えるアプリの種類やサービス内容とかが微妙に違っているところがある。ただ違うにしても、どちらも同じようなサービスを展開していたりもするから、普段使う程度ではそれほど違いは気にならないと思う。

(親がショップ店員に「iPhoneとアンドロイドの違いってなに?」と聞いたところ「安全性の違いで、iPhoneの方が安全です」と説明されたそうです。スマホのことを全然知らない人に対して効率的に教えていかなければならない立場としては、確かにこの答えは便利かもしれないなぁと私は思いました。でも聞いた方はモヤモヤするだろうなとも思います。けどそんなことを言えばVISAとMasterCardの違いと言われても何とも言えないですね)

「スマホが熱くなったんだけど?」

スマホを長時間使ったり、スマホの機能を使い過ぎて負荷がかかると、スマホ本体が熱くなるときがある。人間でも激しい運動すると体が熱くなって汗が出てくるけど、同じような感じ。

スマホが熱くなること自体は故障じゃないし、放置しておけば冷えるから大丈夫。でも熱い状態で使い続けるとバッテリーがおかしくなることがあるから気をつけてね。

「アプリってなに?」

ゲームボーイで言うところのソフトかな。マリオをしたいときはマリオのソフトを入れて、ポケモンをしたいときはポケモンのソフトを入れるけど、スマホでも何かをしたいときをソフトを使わないといけない。そのソフトをスマホではアプリって呼んでる。

ちなみに、スマホの場合は本体に保存しておけるから、ゲームボーイみたいにソフトを入れ替える必要はない。スマホの画面上で使いたいソフトつまりアプリを指で叩けばいい。

「Googleとネットはどう違うの?」

うーん、NTTと電話の違いみたいなもの?Googleとネットはまったくの別物。Googleは会社の名前で、ネットを便利に使うためのサービスを提供してるって感じ。

まとめ

スマホのことを全然知らない人にも理解しやすいように専門的な言葉をあまり使わず、馴染みのあるものに例えることを意識しました。この説明でどういう反応があるのかはわかりませんが、なんとなーく感覚的なところを掴んでもらえるのではないかという気がします。