スマブラの魅力や良いところ


スマブラのよくないところを書いたので良いところも書いておきたいと思います。

ゲームであるということ

これは他のいくつかの記事でも書いているので繰り返しになってしまうのですが、重要なことであることでここでも書いておきます。

スマブラの良いところとしてゲームであることがあげられます。「スマブラがゲームなのは当たり前だろ」と感じられた方はおそらくゲームを理解していないと思われます。たしかに、万人を納得させるゲームの定義はありませんが、一応、このような理解もできるでしょう。「遊ぶアクティブなエージェントとの、互いに干渉できるインタラクティブでゴール指向の活動」(ゲーム - Wikipedia

一般的にゲームと言うとゲーム機やパソコンなどのデジタル機器で遊ぶものをイメージすることが多いです。しかし、サッカーや野球などが終わった際に「ゲームセット」と言うように、これらもゲームです。また、カードゲームやボードゲーム(将棋やチェスはボードゲームです)という言葉もあるように、ゲームは非常に多様であることがわかります。

それでは、これらの多様なゲームに共通する要素、つまりゲームの本質的な要素は一体何なのでしょうか。大雑把に、対戦相手、勝敗、ルールといったものがあげられます。何らかの目的達成(勝利)を目指して、複数のプレイヤーが、ルールの枠組みの中で戦う、といったイメージになるでしょう。より端的に言えば、ゲームは試合なのです。そして、試合という形式の遊びにおいて、その面白さを生み出しているのは戦略・戦術です。究極的には対戦相手がどのような動きをするのかは不確定であり、この不確定をより確定に近づける工夫をしながら勝利を目指すことになります。この工夫が戦略・戦術であり、言い換えれば、考えるということがゲームの面白さなのです。

これを踏まえると、一般的な意味でのゲームの大部分は、以上のような本来的なゲームとは違うことがわかるでしょう。たとえば、スーパーマリオの最初のステージにはクリボーという敵が出てきますが、クリボーは考えてマリオを倒そうとしているわけではありません。規則正しく(プログラマーの指示に従って)動いているだけです。試合ではないのでスーパーマリオはゲームではないのです。

このようなゲームでないものが溢れている中で(ちなみにゲームでないものがゲームと呼ばれるのはそれを再生する機械の名称がゲーム機だからです)スマブラは本来的なゲームです。工夫することができる、考えることができる、だから面白い。

自由度が高い

自由度という言葉は非常に誤解が多いです。これについても以前記事にしているのですが(自由なゲームってなに? - nancolu)、ここでも簡単に書いておきます。自由度は目的を達成するための手段の豊富さのことです。上記のゲームの説明にも書いたように、ゲームには勝利を目指すという明確な目的があります。この目的を達成するためにどのような手段を用いることができるのか、この度合いが自由度なのです(ちなみに自由なゲームは存在しません。自由には目的がないのでゲームの定義と矛盾するからです)。

自由度の高さは、戦略・戦術を考えることがゲームの本質であるので、ゲームの面白さに直結する要素であるのですが、スマブラは自由度が非常に高いです。スマブラは、いろいろなルール設定が可能ですが、基本的には、相手を画面の外に出せば勝ちになります。これが目的ですね。そしてこれを達成する手段は本当に多様で、言葉にはできないほどの複雑性を持っています。考える余地が非常に多くあり、駆け引きが生まれるのでとても面白いです。

ルールや操作がわかりやすい

ゲームの面白さは工夫すること、考えることにあるので、これに最大限集中するためには、ルールや操作はできる限り簡単であるほうがよいと言えます。

繰り返しになりますが、スマブラではルール設定ができるものの、基本的には相手を画面の外に出すだけという非常にわかりやすいルールになっています。さらに、操作も非常にわかりやすくなっていて、基本的には1つのボタンに1つの動作が割り当てられており、攻撃に関しては方向スティックを傾けた方向と攻撃ボタン(AとB)の単純な組み合わせです。一般的な格闘ゲームのように複雑なコマンド入力は必要ありません。

たしかに、スマブラではボタン入力の力加減も認識されるため、不本意な入力をしてしまうことが多々あるのですが(しかし、もともとは直感的に操作できるという意味合いがあります)、それでも割り当て自体は単純で簡単です。

このように、スマブラは非常に単純なゲームです。そして上記のように高い自由度を持っています。つまりスマブラは、単純の中に豊かな複雑性を有したゲームということができるでしょう。これはゲームの最も理想的な形です。

ちなみに、理想的なゲームの代表として将棋があげられます。これは駒をパチパチと動かして相手の王をとるだけの非常に単純なゲームですが、しかしAIを駆使してもまだまだわからないことがある程度には豊かな複雑性を有しています。人気のある、そして歴史のあるゲームというのは必ず単純かつ複雑で、スマブラもその特徴を持っているわけであり、これは素晴らしいことです。

ファイターや攻撃表現がマイルド

マイルドという表現が適しているかわかりませんが、スマブラに登場するファイターはどこかしら可愛げがあります。任天堂のキャラクターということもあるのでしょう。スマブラは格闘ゲームになるのですが、他の一般的な格闘ゲームのキャラクターは筋肉がムキムキであったり、極端に露出が多かったりしていて、好みの問題ではあるのですが暑苦しいものがあります。その意味でスマブラのデザインは幅広い層に受け入れられるだろうと思われます。

また、ゲームには必ず戦闘という要素が付きまといます(詳しくはなぜデジタルゲームは暴力的になるのか - nancolu)。将棋は戦争のシミュレーションですし、大部分のスポーツゲームの起源は戦闘にあります。同様に、ゲーム機で再生するゲームも要は戦闘です。ボードゲームやスポーツゲームに関してはこの戦闘の要素を抽象化しているのですが、ゲーム機には映像という特殊性のために具体的に表現せざるを得ません。「ゲームをやり過ぎるのはよくない」という意見もこれが1つの理由となっているでしょう。そんな中、スマブラの攻撃表現は比較的マシです。この「マシ」というのはなかなか表現しにくいところがあるのですが、一般的な格闘ゲームと比較するとやんわりとした、マイルドな感じになっているように思われます。

まとめ

スマブラは本来的なゲームであり、なおかつ面白いゲームには欠かせない単純で複雑という要素を持っています。さらに、ゲーム機を使ったゲームでは過剰に表現されがちなところが比較的マイルドに表現されており、良心的な設計になっています。なのでスマブラは素晴らしいのです。