nancolu

kore ha kojin-burogu de aru

スマブラで攻撃が当たらない!そんなときはこれを意識しよう


スマブラでは、ただ闇雲に攻撃を出しているだけでは相手に当てることはできません。ガードや回避を使えば簡単にかわせてしまうからです。そのため、攻撃を確実に当てていくためには工夫が必要になります。この記事ではそのコツをいくつか紹介します。

技の攻撃範囲を知ろう

攻撃を当てる上で絶対に欠かせないのは、自分が使用するファイターの攻撃可能な範囲を把握しておくことです。攻撃範囲はファイターによって異なりますし、また同じファイターでも技の種類によって異なっています。なので、どのファイターの、どの技が、どの程度の攻撃範囲を持っているのかを知っていなければ、まともに戦うことはできません。どれだけ技を出しても相手が攻撃範囲内に入っていなければ絶対に攻撃は当たらないのです。

ちなみに、攻撃範囲を知ることは、攻撃を当てることだけでなく、相手の攻撃をかわすことにも役立ちます。全ファイターのすべての技を確認するのは大変ですが、これができるだけでも勝率は高まるでしょう。

隙の小さな技を使おう

これは初心者によく見られるのですが、スマッシュ攻撃やダッシュ攻撃を多様する人がいます。たしかにスマッシュ攻撃やダッシュ攻撃は強力で、当たれば大きなダメージを与えることができます。しかしこの2つは、技が出るまでに時間がかかることや、モーションが大きいことなどから、容易にかわされてしまいます。かわされるだけならまだいいほうで、ガードをされ、その直後に反撃されることも珍しくありません。

このような事態を避けるためには、隙きが小さくて素早く攻撃できる技が有効です。具体的には、弱攻撃と強攻撃です。弱攻撃はスティックを倒さずにそのままAボタン(攻撃ボタン)を押すことで出せます。強攻撃はスティックを倒した状態でAボタンです。ちなみに、強攻撃は、スティックを弾いて出すスマッシュ攻撃とは違うので注意してください。

しかし、弱攻撃と強攻撃は素早く攻撃できるというメリットがあるものの、移動しながらの攻撃はできません。さらに攻撃範囲があまり広くないため、攻撃を当てるのが難しいというデメリットがあります。そこで有効なので空中攻撃です。空中攻撃は空中で使える攻撃ですね。これは移動しながらでも使用できるため、技を出しながら相手に接近して当てに行くということが可能です。

スマッシュ攻撃やダッシュ攻撃はここぞという場面だけに使用し、それ以外は弱攻撃、強攻撃、空中攻撃を中心に、状況に応じて使い分けることで有利に戦うことができるでしょう。

投げを使おう

先程も書いたように、スマッシュ攻撃やダッシュ攻撃をガードされたしまったという人は少なくないでしょう。このように、ガードはほとんどの攻撃を無効化することができるため、非常に強力です。

しかし、そんなガードも投げにはどうすることもできません。ガード状態の相手は投げに対しては隙だらけであるので、積極的に投げていきましょう。

少し高度な動作になりますが、わざと相手にガードをさせることができれば、投げの意義が増します。たとえば、ダッシュ攻撃を少し早めに出して、相手の目の前でダッシュ攻撃が終わるようにします。相手はダッシュ攻撃から守るためにガードを使うでしょう。しかし、ダッシュ攻撃は相手の直前で終わるわけですから、そのままガード状態の相手を投げればよいのです。

着地を狙おう

空中から地上に戻る瞬間、つまり着地の瞬間はファイターが一瞬だけ硬直します。この硬直の間は一切操作ができないため、攻撃を当てるチャンスです。ちなみに、着地の瞬間を狙って攻撃することを、着地狩りと言います。

着地狩りの際にはダッシュ攻撃を積極的に使っていきましょう。素早く移動しながら攻撃を出せるので、相手と多少の距離があっても攻撃が狙えます(逆に、ダッシュ攻撃を着地狩り以外で使うことはほとんどありません)。