スマブラ初心者向け強攻撃と小ジャンプを出すコツ


強攻撃と小ジャンプの重要性

おそらく、この記事を読んでいる人は強攻撃と小ジャンプの重要性を知っていると思いますが、簡単におさらいしておきましょう。

端的に言って攻撃のバリエーションを増やすためです。初心者は、比較的簡単に出せ、ビジュアル的にも面白さのあるダッシュ攻撃とスマッシュ攻撃を多用する傾向があります。しかしこれらだけでは、攻め方がワンパターンになり相手に読みのヒントを与えてしまうこと、攻撃時に隙が多いために相手に攻撃チャンスを与えてしまうことなどの弱みがあります。

そこで、比較的隙が少なく、攻撃に多様性を出せる強攻撃と小ジャンプ(大ジャンプだと隙が大きく、相手のチャンスになります)からのジャンプ攻撃が必要になってきます。

強攻撃と小ジャンプを出せるようにしよう

強攻撃と小ジャンプの出し方は非常にシンプルです。強攻撃はスティックを任意の方向に倒しながら攻撃ボタンを押します。小ジャンプはジャンプボタンを軽く押します。非常に簡単ですね。

しかし、実践で出すとなると非常に難しくなります。というのは、ボタンを入力する力が少しでも強くなってしまうと、強攻撃はスマッシュ攻撃に、小ジャンプは大ジャンプに化けてしまうからです。

化けてしまうと隙が生まれるため相手から攻撃されるリスクが高くなってしまいます。こうならないためにも確実に出せるようにすることがスマブラ上達のコツなのです。強攻撃と小ジャンプを自由自在に出せるようになれば、初心者を脱したと言ってもいいでしょう。

練習しよう

実践で強攻撃と小ジャンプを出せるようにするためには練習するしかありません。SPではキーコンフィグで力加減を調節することができるのですが、それでも練習は必要でしょう。

強攻撃のコツ

コツとしては、スティックを完全に倒して攻撃ボタンを入力するのではなく、スティックを半分くらい倒したところで攻撃ボタンを入力することです。こうすることで強攻撃が出しやすくなります。

しかし、確実に出すためには、やはり力加減を体に染み込ますことが欠かせません。まずはトレーニングで力加減を徐々に変えながら、どの程度の強さだと強攻撃が出るのか、どの程度からスマッシュ攻撃に変わるのかを確かめましょう。

力加減が何となくつかめてきたら、強攻撃とスマッシュ攻撃を順番に出すなどして、確実に出せるようになるまで練習をします。

小ジャンプのコツ

軽く、短くジャンプボタンを押すのがコツです。ボタンを弾くように押してもいいでしょう。こちらも強攻撃と同じように、どの程度の強さで小ジャンプから大ジャンプに変わるのかを確かめておくことが大切です。

また、小ジャンプはキャラの重さによって若干力加減が異なります。クッパのような重量級のキャラは小ジャンプが出しやすく、ゼロスーツサムスのような軽量級のキャラは大ジャンプに化けやすくなります。そのため、最初はクッパなどで小ジャンプの感覚を掴み、徐々に軽量級にも慣れていく形で練習するとよいでしょう。小ジャンプと大ジャンプを交互に出す、小ジャンプから急降下(空中でスティックを下に入力)を繰り返す、などの練習方法がオススメです。

少し話が逸れますが、初心者はジャンプ攻撃が当たらないという悩みを抱きがちです。ジャンプ攻撃の出し方自体は全キャラ共通ですが、入力してから攻撃が出るまでの時間や攻撃範囲はキャラによって異なります。そのため、キャラごとに練習が必要です。もっと言えば、状況や敵キャラがどんな攻撃や回避方法を持っているのかによって、ジャンプ攻撃を出すタイミングを考えなければなりません。そういう意味では全キャラのある程度の能力を知っておく必要があります。いきなりそこまでするのは難しいので、とりあえず好きなキャラのジャンプ攻撃を出せるようにし、実践の中で感覚を身に付けるのがよいでしょう。

強攻撃、小ジャンプに共通するコツ

コントローラーを冷静に操作することです。スマブラをやっているとどうしても「あっ、攻撃喰らった!くそ~!!」みたいに感情的になってしまうことがあります。そして、その勢いでコントローラーをガチャガチャと操作してしまうのです。

しかし、ここまで書いてきたように、強攻撃と小ジャンプは力加減が非常に重要です。そのため、「ガチャガチャ」ではなく、イメージとしては「カタカタ」と、冷静に操作をすることが大切です。

確かに、スマブラはガチャガチャと操作してワイワイ楽しむ遊び方もあります。しかし、ガチでやるときや上達していきたいという場合には、冷静にプレイするのがよいでしょう。

まとめ

コツとしては、強攻撃とスマッシュ攻撃、そして小ジャンプと大ジャンプが、どの程度の力加減で変化するのかを感覚的に覚えることです。そして、できる限り冷静に操作するようにしましょう。