宗教は信じていない?なぜ日本人は無宗教なのか

無宗教というよりも?

一般的には日本人は無宗教であり、また多くの日本人が「私は無宗教だ」と考えています。しかし実際には日本には宗教的な行事がよく行われます。

たとえば、夏にはお墓参りに行って盆踊りを楽しんで、冬はクリスマスに初詣にバレンタイン。最近ではハロウィンを祝うことも多くなりました。それから結婚式は教会で挙げて、お葬式は仏教で。このように宗教的な行事は多いです。

このように見てみると、日本人は無宗教というよりも、宗教に無自覚といったように感じられます。

また、日本人は宗教的な行事を行ってるかもしれないが他の宗教に比べるとそれほど熱心ではない、という意見も多いです。ですが、日本人は意外と熱心です。

たとえば、イスラムではカーバ神殿に大勢の人が訪れていると考える日本人は多いですが、実際には年間300万人前後だと言われています。日本には初詣がありますが、これは1週間程度で約2,000~3,000万人訪れると言われています。桁が違います。

このように比較すると、日本人は意外と宗教が好きで、しかもかなり熱心というのがよく分かるのではないでしょうか。

なぜ日本人は無宗教なのか

宗教的な行為をしつつも、大部分の日本人は無宗教であると言います。これは一体なぜなのでしょうか。これには色々な要因が考えられるのですが、直接的なものとしては神道非宗教論というものが影響しています。

神道非宗教論を無理やり一言で言うならば、「神道は宗教なのではなく文化なんです」という主張のことです。

明治時代の日本は、天皇を中心に国を作ろうとしました。その際に、神道を国教化するのが合理的だったのです。ですが日本の西欧化を進めるためには、政教分離を認めなければなりませんでした。それを認めてしまうと神道が国教化できず、天皇の力も維持できません。

そこで、神道は宗教ではなく文化だから何の問題もない、という主張が行われました。この考え方が現代の日本人の考え方にも影響を与えています(他にも色々な原因が考えられます)。

ちなみに現在では、神道は宗教法人です。

なぜ日本にはさまざまな宗教があるのか

先ほども書いたように、日本には初詣やお墓参りなど、異なる宗教の行事が行われています。これはなぜなのでしょうか。これにも様々な説があるため一概には言えないのですが、一応は日本にも核となる考え方があります。それは神道と仏教が混ざったようなものです。より具体的に言うと、神道が現世を担当し、仏教が来世を担当します。

神道と仏教、それぞれの行事が行われる時期を思い出してみると、神道では子どもの内に多くの行事があり(お宮参り、七五三など)、仏教では他界した後に行事が集中しています(お葬式、年回忌法要など)。

子どもは向こうの世界から来た存在で、生まれてすぐの段階ではこちらの世界に慣れておらず不安定だとする考え方から、子どもの内に多くの神道的な行事を行って、この世界に慣れさせます。また、大人になるにつれて神道の行事は少なくなるのですが、お祭りで現世の安定をお祈りすることがあります。そして、人が死ぬと、向こうの世界に行くと考えます。向こうの世界に行ってすぐの段階では不安定であるため、法要などの仏教的な行事を通して向こうの世界での安全を祈ります。また、向こうの世界の人がこちらの世界に戻ってきたり(お盆、ナスときゅうりの精霊馬が有名ですね)、生まれ変わるという考え方もあります。

このように、神道と仏教は循環の関係にあると考えることができます(さまざまな説があります)。

まとめ

大部分の日本人は宗教に熱心であるにもかかわらず、無宗教であると言います。それは、宗教を宗教として認識していないからであり、その原因は神道非宗教論にあると思われます。