社会人になってから大学院で宗教学専攻ってどうなの?


社会人になってから大学院で宗教学を専攻したいと考える人が少なくないようです。このブログではたまに宗教学について書くのですけども、検索キーワードを見てるとニーズがあるのだろうことが想像されます。そこで、社会人から院進、それも宗教学をあるにあたり、よくある疑問や注意した方がいいことなどを簡単に書いてみます。

宗教学を専攻できる大学院はどこ?

以前記事にしたのでそちらも参考にしてもらえればと思います。

宗教学ができる有名大学 - nancolu

ざっくりまとめると、日本においてはほぼ有名大学に限られます。具体的には、東大、北大、東北大、九大、東工大、筑波大、関大あたりです。宗教学とは微妙に違うけど一応できるところとしては、メジャーなところだと、京大(ここは宗教哲学です)、早稲田、大阪市大あたりかなぁと思われます。

宗教学は日本ではめちゃくちゃマイナーな学問なので、やはり大学も限られてきますね。ただ、「宗教学」をどう捉えるかで範囲が大きく変わってきます。たとえば仏教やキリスト教といった具体的な個別の宗教を研究したい場合には、その宗教を建学の精神とした大学でたいていできます。たとえば、仏教であれば龍大(真宗本願寺派)や駒大(曹洞宗)、高野山(真言宗)が有名でしょう。キリスト教なら上智(カトリック)や同志社(会衆派)、関学(メソジスト)などがあります。

さらに、「宗教学」を無理やり解釈するならば、もっと広く捉えることもできます。宗教を研究対象にしながらもアプローチを変えることで、他の専攻からもできちゃうわけです。たとえば、宗教者の心の変化を捉えるならば心理学(教育学)でできます。社会情勢から人々の宗教的関心を探るならば、社会学や政治学から研究できるでしょう。また、芸術作品から宗教を考えることも可能で、この場合は芸術学あるいは美学とかになってきます。

「宗教学」の定義それ自体が一つの学問的な問いとなりますから厄介なところなのですけども、とにかく自分のやりたいことが何であるのかを明確することが大切でしょう。

年齢について

宗教に興味を持つにはそれなりの時間が必要であるようです。社会人になってから宗教を研究したいとなった場合、やはり多くの人は「この年齢で大学って大丈夫か?」と心配するわけです。実際のところ、どうなのでしょうか。

これについてはほとんど心配する必要はないです。もちろん大学によって異なりますが、学部からストレートに進学する人の方が珍しいくらいなので、40歳だろうが定年を迎えていようが関係ありません。

これは宗教学に限ったことではないと思いますが、思想系の学問であれば年齢層はかなり幅広いと思います。

学費と奨学金

理系に比べると安いです。国立大であれば、入学金が約28万円、授業料が約54万です。修士で2年通うならば約130万円といったところでしょう。私大なら、入学金が20~30万で授業料が約70万です。2年で160~170万です。

奨学金は大学によって大きく制度が異なります。日本学生支援機構のものはどの大学でもあるはずですが、大学独自のものは本当に多様です。たくさん用意しているところもあれば、全くと言っていいほどないところもあります。この辺は大学に問い合わせるなどして、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

働きながら通学できる?通信制はある?

まず通信制についてです。狭い意味での宗教学についてはほぼ皆無で、通学しなければなりません。強いてあげるならば放送大学です。しかし、できないことはないのですけども、そこまで整っている印象はありません。

仏教やキリスト教など特定宗教をやりたい場合は、大学によって異なります。通信制を設置しているところもあるのですが(たとえば高野山大学など)、それでも圧倒的に少ないのが現状です。

そういうわけで、基本的には通学することになるでしょう。ただ、中には社会人へ配慮している大学もあり、3年以上かけて修了できる長期コースを設置しているところもあります。修士の場合、30単位以上取得しなければ修了できませんから、ある程度は通学するのが前提です。どうしても働きながらということであれば、仕事の方で配慮してもらうしかないでしょう。ちなみに、土日や夜間の授業は、大学によって異なりますが、ほぼないです。

また、社会人入試というものがありますが、これは仕事で忙しく勉強が十分にできない社会人でも入学しやすい試験であって、働きながら学べる制度ではありません。たまに勘違いする人がいるので気をつけてください。

 

信仰について

大丈夫だとは思いますが、一応これにも触れておきます。

社会人になって宗教に目覚め、より詳しく知りたいから大学院で宗教学をやりたい、という場合にはちょっと注意しておいた方がいいかもしれません。というのは、宗教学はあくまでも学問だからです。宗教を客観的に捉えなければなりません。

宗教学はもともとキリスト教神学から生まれました。啓蒙主義が大きな力を持つようになったことを受け、神学もこれに応じなければならないと考えられたのです。そこで1つのポイントとなったのが歴史、世俗史でした。聖書に登場するアブラハムやモーセといった物語、神学的な歴史(救済史)に立脚するのではなく、信仰がない人でも共有できる歴史に立脚しなければ、実証的な研究成果とは言えないと考えられたのです。

この立場を取るならば、創造論は安易に受け入れることはできないし、日本でいうならば天皇が神の系譜を引き継いでいるとは考えられない、というようなことになります。この辺を分けて考えないと、別に批判したいわけではないのですが、幸福の科学大学が不認可となったように、学問とはなり得ないのです。

信仰がダメと言っているのではありません。信仰を持ちながらも学問をすることは可能です。実際、そのような研究者は少なくありません。ただ、学問をする以上、学問の作法は知っておく必要があります。もしここを読んで「違うな」と感じた人がいれば大学院には行かない方がいいでしょう。信仰を養う学校もありますので、そういうところの方が合っていると思われます。

ちなみにこれは、狭い意味の宗教学だけでなく、仏教やキリスト教などの個別の宗教を研究する場合も同様です。

無信仰でも大丈夫?

上記の通り、全然大丈夫です。確かに宗教学をやっている人の中には何かしらの信仰を持っている人が少なくありません。しかし、まったく何も信仰していない人もいます。なので、その点はあまり気にする必要はないでしょう。

ただ、狭い意味での宗教学は大丈夫ですが、個別の宗教をやる場合、大学によっては信仰を持っていない人を不合格にするところもあります。また、無信仰だったらまだいいのですが、同じ宗教の違う宗派の人が来たりすると、「アレ?なんか空気が違うぞ」みたいなことになることも、まあ、ないとはいいません。

学部で違うことを専攻してたけど大丈夫?

それほど気にする必要はないです。学部で理系の学問を専攻していた人もいますし、異なる宗教系の学部学科にいた人もいます。

ただ、学部と違う場合は何らかの形で基礎を固めておく必要があります。大学院はあくまでも研究をするところであり、勉強をするところではありません。宗教について一から教えてくれるような場ではないので、それなりの努力は必要になるでしょう。

もし宗教を一から勉強したいのであれば、学部に行くか、聴講生制度を利用した方がいいです。院進はそれからでも遅くありません。

将来について、就職について

人によって全然違います。30代40代で仕事を辞めて院進して、再び就職活動あるいは転職活動をする人もいます。働きながら院進して、修了後はそのまま同じ仕事をする人もいます。研究者を目指す人もいますし、宗教系の仕事に就く人もいます。定年退職後に院進した人は年金生活です。

まとめ

社会人から院進する人は決して珍しくないので、方法自体はいくらでもあるはずです。やりたいのならばやればいいのではないでしょうか。