時間がない社会人でも楽しめるオススメのゲーム


今までゲームが好きだったのに、社会人になると時間がなくてゲームができないと悩んでいる人は少なくありません。ゲームで遊ぶ体力すらもない、という人も中にはいるでしょう。そこで、社会人でも手軽に遊べるゲームを厳選してみました。手軽さを重視して、携帯ゲーム機(switchと3DSまたは2DS)で遊べるものに限定しています。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(スマブラ)

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ - Wikipedia

任天堂人気キャラクターの格闘ゲームです。格闘ゲームではありますが、上に体力ゲージがあって、複雑なコマンド入力をするようなものとは異なります。基本的な遊び方は極めて単純で、画面から相手プレイヤーを追い出すだけです。感覚としては、小学生がよくやるような消しゴム落としに似ているかもしれません。

RPGのようなストーリーはなく、純粋に勝負を楽しむ形になります。1ゲームあたりの時間は1分から無制限まで設定でき、ちょっとした休憩時間でも十分に楽しめます。

ハードは、任天堂の64以降の主要ハードからは発売されています。手軽に遊ぶという意味では、携帯ゲーム機である3DS版とswitch版がオススメです。特に3DS版は発売から時間が経過していることもあり、かなり安くなっています。ネットなら新品でも4000円くらいで購入できるでしょう。また、ハードに関しても、2DSであれば新品で1万を切ります。約15000円で楽しめるので財布にも優しいですね。3DS版とswitch版ではキャラクターとステージの数が異なるのですが、ルール自体はほぼ変わらないので、3DS版でも十分にスマブラを楽しめます。

マリオテニスシリーズ

マリオテニス - Wikipedia

その名の通り、マリオのテニスゲームです。操作はめちゃくちゃ簡単で、キャラクターを動かし、ボールが近くに来たらとりあえずボタンを押せばそれなりにプレイできます。操作は簡単ですが、テニス独特の駆け引きは十分に味わえるでしょう。

こちらも3DS版とswitch版が出ているので、それがオススメです。3DS版は新品でも2000円程度なのでかなり安くなっています。内容は3DS版とswitch版でかなり異なっているので、多様な遊び方をしたいのであればswitch版がいいでしょう。3DS版はかなりシンプルになっています。

1ゲームあたりの時間は、ルールにもよりますが、5~10分くらいです。

ぷよぷよシリーズ

ぷよぷよ - Wikipedia

これはもはや説明はいらないでしょう。

値段もかなり安くなっています。

マリオカートシリーズ

マリオカートシリーズ - Wikipedia

これも有名でしょう。マリオのレースゲームです。操作もわかりやすく、直感的に楽しめます。

1コースあたり4~5分くらいかかります。一人で遊ぶときはグランプリという4つのコースを走るモードがあり、だいたい20分くらいです。

まとめ

4つのゲームを紹介しました。これらはすべて試合です。将棋やサッカーが終わることなく続いているのは、それが試合であり、試合ごとに異なる展開があるからですけど、以上の4つも同じで、基本的に終わりはありません。なのでやろうと思えばかなり追求することができますし、実際、世界大会なども行われています(特にスマブラとぷよぷよが盛ん)。4つのゲームは、シリーズにもよりますが、ネット対戦もできるので、常に新鮮なゲームを楽しむことができるでしょう。