六波羅蜜寺に行ってきた感想


六波羅蜜寺に行ってきました。数分しかいなかったので十分に楽しめたわけではないのですが、サラッと感想を書いておきます。

六波羅蜜寺

f:id:super-hanachan:20200222153151j:plain

六波羅蜜寺です。真言宗智山派のお寺ですが、もともとは踊念仏で有名な空也によってつくられています。周辺には平家の邸宅があったので、それに関するところでも有名ですね。

f:id:super-hanachan:20200222153732j:plain

本堂です。写真撮るのが難しくて変な角度になってしまいました。上に「六波羅蜜寺」と大きく書かれているのが印象的です。本尊は木造十一面観音立像で国宝に指定されています。12年に1回しか見ることができません。いつかは見てみたいですね。

そして、木造十一面観音立像以外にも重要なものがいくつもあって、今回は見ていないのですが、とりわけ有名なのは木造空也上人立像でしょう。口から仏が出ている彫刻です。よく小学生がこれの写真を見て「口からなんか出てるw」と笑っているのですが、まあたしかに今の感覚からすればわからないでもないのですけども、でも称えたお経が仏となって出てくるという発想は尋常ではないですね。ものすごい想像力があったのだろうと思います。

そして、柱とかに絵が描かれているのですけども、これがなかなか興味深かったです。

f:id:super-hanachan:20200222153948j:plain

ちょっと見にくいですが、なかなかかわいい龍(で合ってるでしょうか?)が描かれていました。

f:id:super-hanachan:20200222154605j:plain

本堂のすぐ近くには、なで牛がありました。かわいいですね。京都でなで牛と言えば北野天満宮が有名ですが、こちらにもありました。なで牛のデザインは神社仏閣によって異なっているので、その違いを比較してみるのも面白いと思います。今度時間があればやってみたいですね。

弁財天堂

f:id:super-hanachan:20200222155016j:plain

f:id:super-hanachan:20200222155038j:plain

ものすごく立派でした。金ピカですね。

その他

その他でくくってしまって申し訳ないのですけども、他に面白かったものを紹介します。

f:id:super-hanachan:20200222155422j:plain

六波羅蜜寺ではパワースポット的な扱いをよくされるのですが、これがその1つの要素なのかなと思います。お金を入れて石を回せば願いが叶うとか。なんかよくわかりませんけどガチャを連想しましたね。これはいつからできたんだろう…?

f:id:super-hanachan:20200222155651j:plain

上の回す石のすぐ隣にあるのがこれです。妙にリアルでした。ちょうど見下ろすような感じでつくられていて、前に立つと独特の緊張感があります。

f:id:super-hanachan:20200222155831j:plain

平清盛!

f:id:super-hanachan:20200222160244j:plain

右側のたくさんあるお地蔵さんは境内から出てきたものだそうです。いまいち背景とかがよくわからなかったのですが、まあ重要なものなのでしょう。

まとめ

短い時間しかなかったのが残念でした。宝物館にも行きたかったんですけどね。しかしそれでも面白い要素はたくさんありました。