六道珍皇寺に行ってきた感想


六道珍皇寺に行ってきたので、その感想を書いておきます。

六道珍皇寺

f:id:super-hanachan:20200222132757j:plain

f:id:super-hanachan:20200222132825j:plain

六道珍皇寺は「ろくどうちんのうじ」と読みます。かつては「ろくどうちんこうじ」と読まれていたのではないかという説もあるようですが、今では「ちんのうじ」と読むのが普通だと思います。

ここは臨済宗の建仁寺派というところに属しています。六道珍皇寺は建仁寺の割と近くにあるんですよね。そしてこの所在地がなかなか興味深いのですけども、平安京の火葬地の入り口にあたります。そういうわけで、あの世の入り口と考えられてきました。大乗仏教では、人は死ぬと天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の6つの道を輪廻すると考えます。なので、写真のように「六道の辻」とも言います。

f:id:super-hanachan:20200222134316j:plain

門をくぐるとこんな感じになっています。割とこじんまりとしたお寺なのですが、全国的に有名で人気があります。毎年8月7〜10日に行われる六道まいりでよく知られていますよね。

石塔婆

f:id:super-hanachan:20200222134420j:plain

境内の中心にあるのがこの石塔婆。「三界萬霊十方至聖」と書いてあるのかなと思いますが、これはこの世の生きとし生けるものすべての霊がここに宿るみたいな意味です。仏教でいうところの三界は、欲界・色界・無色界また過去・現在・未来を指していて、要はこの世のすべてにあたります。

正面にあるのが本堂なのですが、中には本尊である薬師如来坐像があります。

閻魔堂

f:id:super-hanachan:20200222135622j:plain

これは石塔婆の右側手前にあります。この中には閻魔大王坐像と、閻魔大王に仕えた小野篁の立像が祀られています。小野は後述する井戸を使って、毎日冥界に行っていたとか。

冥土通いの井戸

f:id:super-hanachan:20200222140207j:plain

これ写真撮ってよかったのかよくわからないんですけど…。普段は入ることができなくて、戸の隙間から眺めるような形になっています。肝心の井戸なのですが、正面の赤い祠のすぐ右隣にあります。ちょっと見にくいですが、拡大したら見えるかも?そこの井戸を通って小野が冥界に行っていたそうです。

大石地蔵尊

f:id:super-hanachan:20200222140809j:plain

これは石塔婆の左側になります。六道珍皇寺は平安時代からあるのですが、当時は飢饉や疫病とかで大変なことになっていました。火葬にすらできないほどに多くの人が亡くなったわけです。そんな中、そのような人にも救いがあるようにとの思いから、空海が作ったとされています。

水子地蔵尊

f:id:super-hanachan:20200222140604j:plain

それから、大石地蔵尊のすぐ隣には水子供養の仏像がありました。ここに絵馬があったのですが、それを見ると、もうなんと言うか、いたたまれないというか、いろいろと考えてしまいました。よく「宗教なんか無駄、馬鹿らしい」と言われますが、これを見ると絶対にそんなことは言えなくなります。まあ、おそらくは、こういうお寺、それからお墓参りとかお葬式を宗教として認識していないのでしょうけど、やはり宗教に対する正しい認識は欠かせないと感じました。

まとめ

ありきたりな感想になってしまうのですが、ただただ、すごいなぁと感じました。この小さな場所にいろいろな物語があって、それが多くの人を魅了しているわけです。かなり長い歴史を持っていますし、時代に関係なく、人々の支えとなってきたと思うんですけど、そういう素晴らしい場を見れたのは良かったですね。

六道珍皇寺には他にも見どころがあるのですが(迎え鐘とか)、普段は入れないところがあって、今回は見れませんでした。また機会を見つけて行ってみたいです。