webライティングで手堅く稼ぐためのコツ



副業や在宅ワークが注目される中、比較的簡単に取り組めるのがwebライティングです。しかし、大部分の人はそんなに稼げておらず、月に3万円でも稼げれば良いほうと言われるほどです。そこで、webライティングで手堅く稼ぐためのコツを紹介します。

ワードを使ってみよう

webライティングでは記事を投稿した後に審査があり、承認されることで初めてお金になります。逆に言えば、承認されなければ、書いてもお金にならないということです。そのため、承認率を高めることが欠かせません。

そこで役立つのがワードです。ワードで文章を書くと、文法がおかしいところには青線や赤線が引かれます。気づかない内に間違った文章を書いてしまうことは誰にでも起こることです。その間違いを自動的に指摘してくれるのは非常にありがたい機能です。

これだけでも承認率はぐっと高まるので、ぜひやってみてください。

単価が高い案件を受けよう

webライティングでは、1文字1円未満の案件が少なくありません。酷いものだと1文字0.2円といった案件もあります。さすがにこのレベルの案件では数をこなしてもそんなに大した収入にはならないので、できるだけ単価が高い案件を受けることが大切です。

ランサーズやクラウドワークスを使っているのであれば、タスク形式ではなく、プロジェクト形式を狙っていきます。サグーワークスやREPO、CROWDのようなライティングに特化したサービスを使っているならば、誰でも受けられる案件ではなく、テストに合格した人だけが受けられる案件に取り組みます。これらの案件は単価が高いことが多く、また単価の交渉ができることもあります。交渉はどんどんやっていきましょう。

もちろん、単価が高い案件はそれなりの質が求められることになるのですが、それでもwebライティングではそんなに難しい案件は出てきません。ネットで調べればわかる程度の知識・情報を参考にするだけで書けてしまうものが大半です。なので、とりあえず挑戦みてみましょう。

もし、ライティングに特化したサービスで課されるテストに合格できない場合は、記事の内容というよりも、記事の構造や文章の作り方に問題があることが多いので、先ほど紹介したワードのチェック機能を参考にしてみてください。

長文の案件に取り組もう

数百文字程度の短い案件のほうが楽と考える人は少なくないのですが、実は長文のほうが楽です。しかも単価も高い傾向にあります。

なぜ長文のほうが楽なのかというと、記事の構成を考えなくていいからです。記事を書く際に最も時間がかかるのは、文字を書くことではなく、構成を考えることです。言うまでもなく、記事の構成は記事ごとに考えなければならないため、多くの記事を書くならば、それだけ多くの構成を考えなければなりません。なので、例えば、500文字の案件を10やるよりも、5000文字の案件1やったほうが、結果的には後者のほうが負担は少なくなります。

長文の案件を書くにはまとまった時間が必要なので、隙間時間に働きたい場合は文字数の少ない案件をしたほうがいいですが、土日などまとまった時間がある場合は長文の案件を受けてみましょう。長文の案件は最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れてくると「なんで今まで短い案件なんかやってたんだろうな」と思えてきます。

得意分野を持とう

webライティングには、美容や金融、医療、ITなど、いくつかの分野があります。それらの中から自分の得意分野を作り、それに特化することで、スムーズに記事を書くことができるようになります。webライティングでは、基本的にはネットで検索しながら記事を書くことになりますが、まったく知らない分野についてはやはり心理的な抵抗があるものです。ある程度まとまった知識を持っていれば、記事は書きやすくなります。

広告であることを意識しよう

こちらは具体的なコツではなく、考え方です。webライティングは文章を書く仕事なので、中には「書いてお金を稼いでいる」と考えている人がいるかもしれません。しかし、実際には、少し異なっています。正確には、「文字を使って営業をしている」です。

webライティングで取り組む案件の大部分は、何等かの商品を売るための記事です。端的に言えば、その記事は広告にすぎません。この点に気づくことで2つのメリットが得られます。

  1. 小説のような綺麗な文章は全く必要でないことが理解できるので、文章を書く際の心理的な負担が軽減される
  2. 記事を書き始める際に、何を売ることを目的とした記事であるのかを考えれば、記事の構成が作りやすくなる

番外編:本当に稼ぎたいなら

この記事は「webライティングで手堅く稼ぐためのコツ」なので番外編ということにしますが、本当に稼ぎたいのであればwebライティングはやめたほうがいいです。

webライティングはクラウドソーシングサービスを利用するのが一般的です。利用者は記事を書くことで生産していると考えがちですが、実際にはクラウドソーシングサービスの消費者でしかありません。仲介料として多くを取られているので、本来稼げたはずのお金を失っているわけです。もちろん、クラウドソーシングサービスを利用することで営業活動をしなくてもいい(簡単に案件が見つかるということ)のですが、しかしクラウドソーシングサービスに並んでいる案件はしょせん「誰でもできる」ものであり、営業活動以前の問題です。

ちなみに、まともなライターの報酬は、400文字あたり5000円が相場です。最近では5000円出せないところも多いのですが、それでも3000円はあります。webライティングの1文字1円と比べると、その差がよくわかるでしょう。

自宅で手っ取り早く稼ぐという意味ではwebライティングは非常に優れていますが、しっかりと稼ぎたいのであればwebライティングに満足していてはいけません。webライティングはあくまでも消費者です。