パソコンの値段が高すぎる


この前パソコンがおかしくなり、しばらく格闘してなんとかなりました(パソコンを操作していたら英語びっしりの変なウインドウが出てきた)。しかし、やっぱりダメだったようで、結局買い換えることに。それで家電量販店でパソコンを探していたのですけども、ちょっと値段が高すぎないかと感じました。

10〜20万円くらいする

いくつかの家電量販店とネットショップでノートパソコンを探してみました。たしかにスペックによって差はあるのですけども、たいていの製品は10〜20万円くらいです。

前に使っていた、つまり今回壊れてしまったパソコンはPanasonicのレッツノートRZシリーズで、23万円しました。買ったのは5年くらい前のことなのですけども、値段はほとんど変わっていないようです。

私はあまり詳しくないのでバカみたいなことを言っているかもしれませんが、素人の感覚としては、技術は日々進歩しているのだから、もっと安いのがあるはずじゃないのかと感じます。型落ちとでも言うのでしょうか、いや、新製品でもいいのですけども、一昔前の技術や部品を使用して低スペックの安いのを作ることもできると思うのですが、実際にはできないのでしょうか。

みんな高度なことをしている?

技術が進歩するのは素晴らしいことだと思います。しかし、みんながみんなそんな高度な技術を必要としているのかといえば、ちょっと怪しいのではないかと感じます。

有名メーカーの製品を見ていたら、ストレージが1Tとか2Tとかあります。そんなに使っているのでしょうか。まあ、たしかに、映像の質が向上したことで大きなデータを扱うことになるのかもしれません。そういう人がいるだろうことは否定しませんが、使わない人も当然いるでしょうし、もっと容量を小さくして、その分を安くするとかできないのかなぁと感じてしまうのです。

OSの進歩も関係しているのかもしれません。OSの性能が良くなれば、それを処理できるだけのメモリなども必要になってきます。そうなれば価格が高くなってしまうのも仕方がないのかもしれません。でも、そもそもOSの性能をそんなに上げる必要はあるのかとか、いろいろと考えてしまいます。

スマホでも同じようなことが起きているのではないかと私は感じているのですが、たとえばカメラの画素数がどんどん高くなっていますけど、そんなにみんな画質を求めているのでしょうか。言っちゃ悪いですけど、画素数が上がったところで拡大でもしない限り特にメリットないですし、「なんかよくわからんけどすごい」的な感覚が先行してしまっているように感じます。

つまり私が言いたいのは、利便性を高めるために高度な技術を搭載しているのではなく、単価を上げるためにそうしているのではないかということです。いやわからないですけどね、実際に求めている人はいるかもしれません。でも、私の体感としては、そこまで高度な技術が必要になる人はかなり少ないと思うのです。

自分に必要な機能を考えた

上のように書いたのは、ある意味で自己紹介でもあります。というのは、レッツノートを購入した理由が「かっこいいから」だからです。記者会見とかでパソコンを叩いている人がいますが、たいていレッツノートです。なので、レッツノートを使っていればなんかデキる感じがするみたいなノリで買いました。ただ、実際に使ってみて、私には不要だったなと感じました。

それで、新しくパソコンを買うに当たり、自分にとって必要な機能とはなにか、パソコンに何を求めているのかを考えてみました。するとほとんど大したことはなくて、ブラウジング、メール、書類作成くらいです。細かいことを言えばブログを書きたいとかあるのですが、それはたいていブラウザでできます。もっと言えばメールも書類作成もブラウザでできてしまいます。

私の場合は本当に最低限のことさえできればそれでよいということがわかりました。

Chromebookを買ってきた

結果、Chromebookを買うことにしました。一番ネックだったのはMicrosoftのOfficeです。書類作成は今までOfficeでやっていました。なのでWindowsを買うのが当たり前のようになっていたわけです。

そういうわけで、新しく買うにあたり、最初に候補となったのはASUSの3万円台のパソコンでした。しかし、前は普通に買えたのですが、今回は探しても見つかりませんでした。年が明けたばかりなのでタイミングが悪かったということもあるかもしれません。でも本当にどこにもありませんでした。それでもう10〜20万円のものばかりです。型落ちで5万円程度のものもありましたが、5万円をパソコンに出したくはありませんでした。

3万円台はChromebookしかない。最初はどうかなと感じたのですが、調べてみるとOfficeも使えることがわかったので、Windowsを選択する理由がなくなってしまいました。

この記事はChromebookを使って書いているのですけども、今のところまったく不便はなく、以前とほぼ同じような感覚で使用できています。操作にちょっと違いがあるのですが、慣れると気になりません。起動もWindowsよりはるかに早いですし、最低限のことしかしないのであれば、これほど優れたものはないでしょう。値段、使用感ともに満足しています。

高くならないでね…

おそらく今後もChromebookを使い続けるだろうと思います。ただ1つ懸念があって、ChromebookもWindows端末と同じように無駄な技術が載せられていって価格が上がっていくようなことにならないか心配です。今でも10万近くするChromebookもあるのですが、これがスタンダードにならなければいいなと感じています。

さいごに言っておきたいのですが、本当にその高スペック端末は必要ですか?