マリオカート7(3DS)を買って遊んでみた感想



3DS用ソフト、マリオカート7を買って遊んでみたので、それの感想を率直に書いてみます。

マリオカート7の感想

結論から言うと非常に残念でした。

私は、ステータスや運に関係なく、プレイヤーの実力で勝敗の付くゲームが大好きです。その点、マリオカート7はかなり運の要素が強いので、私にとっては満足のいくゲームではありませんでした。

アイテムで順位が決まる

7に限ったことではないと思うのですが、アイテムが強力過ぎて、1位を走っていたのがいきなり最下位になったり、逆に最下位だったのがいきなり1位になれたり、というのが多々あります。

大勢でワイワイと楽しむ分には、このアイテムはかなり面白い要素になると思います。しかし、残念ながら、私の周囲にはマリオカート7を持っている人がおらず、一人で遊ぶには「ちょっとなぁ」と感じられました。

レースゲームというと、いかに最高速度近くをキープして走るか、というのが大切になってくると思います。しかし、マリオカートでは、アイテムなどによって攻撃されるのが当たり前で、理不尽な減速が避けられません。そのため、最高速度よりも加速を意識しているほうが有利になることもあります(タイムアタックはそうでもないんですけど)。

そして個人的にイラっときたのが、1人用のグランプリモードではレースの内容を評価される点です。一番下の評価は知りませんが、最高は星3つです。この星3つを取るのがめちゃくちゃ難しい。なぜなら運要素が強いからです。自分のミスで評価が下がるのは仕方がないことですが、「今のはどうしようもないだろ」というような状況がしばしばあるので、残念でした。

グランプリで星3つを取る方法

とはいえ、黙っているだけでは嫌なので、全カップで星3つにしました。名前の横に☆マークも付きました。やったぜ!って感じです(なんだかんだで楽しかった)。

攻略法なんですが、結局のところ、加速とハンドリングを最大化(スピードは無視)するのが良いと思います。ミニターボを連続で出していれば、なんとか1位を維持できる程度のスピードにはなるはずです。そして、1位になったら、バナナやこうらを使ってガード。サンダーやトゲゾーが来たら、すぐに体制を整えて、アイテムやミニターボを駆使しながら再び1位を目指す、という感じです。「これはどうしようもない」という状況になったら、やり直すしかありません。

ネット対戦は同じ戦略の人と当たると楽しい

マリオカート7はインターネットを使って対戦することが可能です。日本だけでなく世界を相手にすることができます、すごい!

ネットに関してもグランプリと同じでアイテムで勝敗が決まってしまうところがあるのですが、たまに同じような戦略で勝負をしてくる人がいます。そういった人と一緒になった時はめちゃくちゃ楽しいですね。

スピードは同じなので、いかにインをせめてミスをなくすか、というのがポイントになるのですが、対戦相手とドリフトで並びながら走行するのはなかなか興奮します(ネオクッパシティみたいにカーブが多いコースが面白いです)。森博嗣の『スカイ・クロラ』で「踊る」という表現が出てきますが、何となくそれがわかったような気がしました。ただ、いい感じにレースをしていてもサンダーとかで横やりが入ることがよくあります、これが残念…(空砲かな?)。

あとから思ったんですけども、マリオカート7は発売からかなり時間が経っていますが、プレイヤーはかなり多いです。やっぱり愛されているんでしょうね。

まとめ

アイテムによる運要素が強すぎるので、レースゲームとしてあまり面白くないと感じたのが正直なところです。ただ、みんなで集まって(ネット対戦ではなく)ワイワイするにはいいのかもしれません。