nancolu

一般人の個人ブログです

どこにメモをとるか



個人的に、メモをどこにとるのかというのは、けっこう大きな問題です。メモは大事だからです。また、そのメモをしっかりと管理しなければ、メモを活かすことができないからです。最近ではスマホにメモする人も少なくないと思うのですが、スマホにメモするのはあまり便利ではありません(一応使ってますが、スマホはtodoリストみたいになってます)。メモは素早く取りたいんですが、スマホだとメモできる画面に行くまでに時間がかかりますし、文字入力もやりにくいんです。というわけで、何だかんだで紙とペンがメモには適しています。では、ペンはいいとして、どんな紙を使うのか?

この前にアブラサスの薄い財布について書いたんですが、アブラサスから薄いメモ帳というのあるんですよ。これも買ったことがあるのですが、個人的には失敗だったなぁと思っています。アイデア自体はすごく良かったんですが、革いらんよね?ってことなんです。それで、薄いメモ帳はコピー用紙を使うのですが、薄いメモ帳を試してみる前からコピー用紙は日常的に使っていました。というのも、コピー用紙をノートとして使っていたからです。

1冊にまとまってるノートって厄介なんですよ。そもそも、このノートにはこの分野のことについて書こう、なんてキレイに分かれるわけがないんです。だから絶対に1冊の中に、複数の分野の事柄について書くことになります。また、1冊になっていると、順番を入れ替えることができません。さらに、余るか2冊目に突入するかになります。余ったらもったいないですし、2冊以上になると、結局別れるんだから(ホッチキスとかでくっつけてもいいけども)管理が面倒です。こういうふうに考える人は珍しくないようで、実際にルーズリーフというのがあるんですが、ルーズリーフは高いんですね。それに、リングに通す必要も感じられません。それだったらコピー用紙にしよう、安いし、真っ白だから自由にかける、ということで、日常的にコピー用紙をノートとして使っていました(大学生の頃から)。

ただ、コピー用紙はあくまでもノートであって(ノートってなんだ?)、コピー用紙にメモをしようとは考えませんでした。A4ってけっこう大きいですからね。それで、薄いメモ帳を知って、なるほどなと買ったんですが、革いらん、ということで、コピー用紙の折り方だけ使うことにしました。そしてそれをポケットに突っ込んでおけば、いつでもコピー用紙にメモが取れるというわけです。ちなみに、メモをする際の下敷きは財布を使います。薄い財布ですね。これの裏が良い下敷きになる(笑)

メモがいっぱいになったら、広げればA4ですから、他のノート(コピー用紙)と同じように保管ができるので便利です。ノートとメモの規格が同じってすごくいいですよ。