高台寺に行ってきた感想


高台寺に行ってきましたので感想を書いておきます。

台所坂

f:id:super-hanachan:20200223101859j:plain

高台寺に行くためにはこの坂を登っていくことになります(別のルートもありますけど普通はここからですよね)。私は高台寺に行く前に珍皇寺とか六波羅蜜寺とか清水寺とか色々と歩き回っていたので、この坂はかなりつらかったです。体力の限界で、「はぁ〜〜」みたいな変な声が出てしまいました。

しかしながら、この坂はかなり美しいです。疲れていたものの、元気が出てきましたね。

あと、写真撮るときに入ってしまったので仕方ないですけど、前の人はカメラマンで撮影をされてました。京都はこういうのがちょこちょこあります。エンゲージフォトだと思うのですが、いいですね。奈良もあるんですけど、京都のほうが若干多い気がします。

f:id:super-hanachan:20200223102902j:plain

f:id:super-hanachan:20200223102930j:plain

坂を登るとこうなっています。正面にあるのが庫裡で、右側が方丈です。

この先からは入館料が必要になります。ちなみに600円。

遺芳庵

f:id:super-hanachan:20200223103255j:plain

受付を通って最初に目につくのがこれだと思います(鬼瓦席と湖月庵も忘れてはなりませんね)。こじんまりとした茶室ですが、非常に存在感があります。見た瞬間に「おっ!」ってなりますね。丸い窓がなかなか印象的です。

観月台

f:id:super-hanachan:20200223103934j:plain

さらに進むと偃月池にかかる観月台が。本当に美しいです。ねねはここで月を見ていたのでしょう、いいですねぇ。ちなみに奥に見えるのは開山堂です。

方丈

方丈の中に入れるのですが、残念ながら写真撮影は禁止とのことでした。内部には、今回は涅槃図が公開されていて、他にも小袖などの着物が展示してありました。やっぱり本物の着物はすごいです、めちゃくちゃ繊細につくられていて、目を奪われます。それから、展示横の説明によると、高価な小袖とか着物を寺に譲って、その生地をいろいろな用途で活用していたそうです。なので着物と寺には深い関係があるのですね。

f:id:super-hanachan:20200223105005j:plain

方丈内部の撮影は禁止ですが、外はOKとのことでした。これは方丈前庭です。春になると枝垂れ桜が咲いて美しく、夜はライトアップもされます。今度写真におさめたいです。

開山堂

f:id:super-hanachan:20200223105216j:plain

ここも内部は撮影禁止でした、残念。中は立派なもので、私は特に天井に目を奪われました。ずっと天井を見ていたので首がおかしくなったのですが、それくらい飽きないです。

f:id:super-hanachan:20200223105730j:plain

開山堂の右側にあるのが臥龍廊です。龍の背に似ていることから、この名前がつけられました。奥にある霊屋と開山堂をつなぐもので、ねねが移動しやすいようにつくられたそうです。ちなみに池の名前は臥龍池で、池に写った臥龍廊もなかなかのものです。

f:id:super-hanachan:20200223110043j:plain

臥龍廊の中はこうなっています。立ち入り禁止になっていて、これ以上奥には行けませんでした。

f:id:super-hanachan:20200223110151j:plain

臥龍池はかなり大きいです。

霊屋など

f:id:super-hanachan:20200223110300j:plain

開山堂を楽しんだあとは上の方に登っていきます。そして最初に見えるのがこの霊屋(おたまや)です。今回は工事中だったのですが、中に入ることができました。残念ながら、ここも撮影禁止です。中には秀吉とねねの木造が置かれています。

f:id:super-hanachan:20200223110604j:plain

霊屋のさらに上に行くと茶室が2つあります。こちらは傘亭。

f:id:super-hanachan:20200223110724j:plain

内部はこうなっているのですが、ここでゆっくりと楽しみたいものですね。

f:id:super-hanachan:20200223110807j:plain

こちらはもう一つの茶室、時雨亭。ここも立派なものでした。

f:id:super-hanachan:20200223110854j:plain

時雨亭の天井も撮影したのですが、すごいですね。

f:id:super-hanachan:20200223110931j:plain

傘亭と時雨亭を後ろから撮影したもの。時雨亭の窓が面白かったです。

f:id:super-hanachan:20200223111050j:plain

今回は行っていないのですが、時雨亭のすぐ近くから、お隣の巨大な観音像を眺めることができました。しかしデカいなぁ。それから、これも今回行っていないのですけど、観音像の下にはアンドロイド観音があります。制作に1億円かかったとか。アンドロイド観音はいろいろな意味で注目されていて、中には批判もあるようですが、私としては、観音を現代の技術で表現することにはまったく問題ないと考えます。そもそもITと宗教は相性が良いですしね。

その他

f:id:super-hanachan:20200223111442j:plain

高台から降りてくると巨大な龍の頭が出迎えてくれました。うーん、でかい。

f:id:super-hanachan:20200223111532j:plain

ここの茶室もいいですね。ここはたしか500円で抹茶が飲めたと思います。

f:id:super-hanachan:20200223111610j:plain

最後の最後で、瓦のところに「高台寺」と書かれているのを見ることができました。こういうのは面白いですね。

まとめ

いいところでした。冒頭にも書きましたが、今回は本当に体力が限界である状態で行きました。台所坂を登っている段階でかなりヤバく、開山堂のあとが大丈夫なのか心配したのですけども、なんだかんだで風景に感動し、元気がみなぎってきました。気づいたら全部回っていましたね。それくらい良いところです。とりわけ観月台は素晴らしく、あれだけで1時間くらいは時間を潰せるんじゃないかと思うくらいです。イスがあれば最高なんですけどね、まあ無理でしょうけど、あったらいいなぁ。