個人のための報連相!組織に振り回されないために



報連相についてネット検索してみると、仕事を円滑に進めるために必要というような形で説明されている記事が多いです。ここから、報連相は会社という組織のためにあるという認識が強いことがわかります。

たしかに、組織を動かすために報連相を意識するのは大切なことです。しかし、人間には、組織としての機能と個人としての機能の2つが備わっています。それでは、個人として考えた場合、報連相にはどのような意味や重要性があるのでしょうか。

報連相とは

まず簡単に、報連相(ホウレンソウ)とは何かをおさらいします。Wikipediaを参考にします。

報・連・相(ほう・れん・そう)は、「報告」「連絡」「相談」を分かりやすくほうれん草と掛けた略語。主としてビジネス(職場)において使われる。

報・連・相 - Wikipedia

報告
部下が上司の指示に取り組みつつ、途中経過を報告すること。
連絡
自分の意見や憶測を含めない関係者への状況報告。
相談
自分だけで業務上の判断が困難なとき、上司に意見をきくこと。

報・連・相 - Wikipedia

報連相の重要性

個人における報連相は、自己防衛という点において極めて重要です。仕事をしているとトラブルに見舞われることは少なくありません。そんなときに、自分に責任はない、あったとしてもわずかなものだ、という主張をするために報連相は重要です。

例えば、上司から「取引先が苦情出してるぞ、どうなってるんだ」と言ってきたときに、「その件については以前に報告しました。進歩状況が遅れていることを報告した際、このままでいいとあなたは言ったではありませんか。私はその指示に従ったのです。」と言い返して、自分の責任をできる限り少なくすることができます(実際にはもう少し言い方を考える必要がありますが)。

報連相をして、その情報に基づいて自分以外の誰かが少しでも件に関わった場合、その人にも少なからず責任は生じます。逆にいえば、自分の責任が小さくなるということです。報連相を一切していなければ、それは自分がやったということになるため、自分ひとりで責任を取る羽目になります(上司がいる場合は、教育という形で介入しているため、自分ひとりで全部責任を負うことにはなりませんが、責任の度合いが大きいことは間違いありません)。

そもそも責任とは

責任についても少し考えておく必要があります。責任とは自由のことです。件について介入できる(した)度合いのことをいいます。

上の例でもそうですが、責任の所在を明らかにする際は言い訳合戦のようになりがちです(ニュースでよくありますよね)。このような在り方について批判がなされることもあるのですが、責任の所在を明らかにすることが言い訳になりがちなのは当然のことです。そうでもしない限り責任の度合いを判断することが難しいからです。

ちなみに、責任の所在を明らかにすることと、責任を取ることは全くの別物です。責任のあった人が辞任するということがよくありますが、辞任が必ずしも責任を取れているとは限りません。

文字を活用しよう

報連相をしておけば、多少は自分の責任を小さくすることができるわけですが、中には「そんなの聞いてない」と白を切る人もいます。そのようなどうしようもない人に対して「あいつはどうしようもない」と言っても何もなりませんから、どうしようもない人がいることを前提に行動することが求められます。そこで出てくるのが明文化です。文章として記録を残しておけば、言った言ってないでもめることは少なくなります。明文化といっても難しく考える必要はありません。電話ではなくメールで報告することも1つの明文化です。

報連相がうまい人

明文化ような、自分の身を守るための報連相の具体的な方法というのは割と多くあります。しかし、それを自分で見つけるのは容易ではありません。教えてもらうのが一番手っ取り早いでしょう。

では、誰に教えてもらうのか。それが窓際族です。一般的には「社内における負け組」みたいな感じで使われることが多いのですが、本当の意味で会社に貢献していないのであれば、会社に居残ることはできません。言い換えれば、最小限の努力で会社から利益を得るのに長けているのが窓際族です(ちょっと失礼な表現かもしれませんが)。そのため、危機管理の能力に優れていることが多く、自分の身を守るための報連相について理解している可能性が高いです。

おそらく、本当に「優秀」な窓際族の方は、誰と付き合うべきかを考えているので、いきなりコンタクトをとってもまともに相手をしてくれることはないでしょう。しかし、その人の行動から学べることも多いので、観察するだけでも勉強になります(しかし、本当に「優秀」な窓際族を見分けるのは困難です、頑張ってください)。

契約という概念

報連相がうまい人は契約という概念についての理解が深い傾向があります。1つ1つの報連相が、小さな、分割された契約のような形になっています。

日本人はキリスト教ではないので契約を理解するのは難しいといわれることがあります。キリスト教が関係しているかはどうかともかく、契約を理解していない人は少なくありません。

遠回りのようですが、契約を理解することが自分の身を守るための報連相習得の近道なのかもしれません。