和風コスプレを売っても着物業界は改善されない


延命治療?

この記事は「着物業界は衰退すべき - nancolu」の続きみたいな感じです。和風コスプレというのは、簡単に着れる着物、洗える着物、ポップな柄の着物、みたいな感じで売り出されている服装程度の意味で使っています。

さて、今の着物業界はこの和風コスプレの販売に力を注いでいます。本来的な着物は高価で難解であるため売れないという理解が業界内にあり、そのために簡単に手が出せるものを売り出そうとしているわけです。いろいろな考え方があるようですが、業界の大きな理解としては、手が出しやすいもの(私がいうところの和風コスプレ)を売っていけばお客さんは本来的な着物にも興味が出て購買に至るであろうという期待があるように思われます。

和風コスプレから本来的な着物への移行はないというのが私の考えですが、もう一つ問題があると考えています。それは単価です。まとまった売上を作る大まかな方法としては、回転率を上げるか単価を上げるかのどちらかになると思いますが、和風コスプレはこのどちらにも当てはまりません。

和風コスプレの値段は安いのだと5万程度から購入でき、着物の枠組みで考えれば非常に安いのですけども、やはり普通のお客さんの感覚からして服に5万を出すのは大きいですし(個人的には5万出すなら百貨店でワンピースでも買ってる方が良い気がします)、気軽に何着も買うなんてことはできません。原価からしてそれほど利益もないでしょうし、商売としては厳しいものがあるのではないでしょうか。おそらくその先に、先ほど書いた「お客さんが本来的な着物にも興味を持ってくれるはずだ」という期待があるのだと思いますが、私は非常に怪しいと考えます。

そして、これを言ったら怒られるかもしれませんが、着物業界のみなさん、着物業界は終わると思っていません?私は、既に辞めてるんですが(すみません)、新卒で業界に入った時「この業界はヤバい」とよく言われました。新卒ということもあってそう言ってたところもあると思うのですが、私の感覚としては、業界の全体的な根源的な気分として、「着物業界が終わるのは確実で、この終わりをいかに先延ばしするか」というものがあるように思われます。感覚的なことで申し訳ないんですけども、でも本当に強く感じました。私の目には和風コスプレが、着物の発展ではなくて、終わりを前提とした着物業界の延命治療として出てきたように思われるのです。たぶん、純粋な気持ちで和風コスプレの商売に関わっている方はこの辺の事情を知らないのではないかと思うんですが、またそれゆえに、私からすれば着物と和風コスプレが別物に見えてしまうというのもあるのだろうと思います。

記号としての着物

実は「着物業界は衰退すべき - nancolu」を書いたあと、わずかながらではあるのですが色々な意見が出ました(ありがとうございます)。個人ブログに過ぎないのに意見が出てきたのは多少なりとも触れるものがあったのかなぁと思っています。

和風コスプレ(この表現は変えません)に純粋に携わっている方がいるというのがわかりました。ただ、私としては着物を知らないのではないかというのが正直な感想です。

そして着物業界の問題という文脈から出てきた和風コスプレはやっぱりダメじゃないかと思います。着物業界の改善にならないし、着物文化の破壊にもつながりかねません。それだったらいっそのこと着物業界を破壊して、何らかの形で着物文化の保存に切り替えている方が良いようにも思います。

今読み返せば「着物業界は衰退すべき - nancolu」は書き方がややこしくなっているところもあってたしかに誤解が生まれても仕方がないかなと思って反省しているんですが、私が考えているのは伝統を大事にしろといったことではありません。そもそも、私たちが普通にイメージする着物が生まれたのは明治であって、たかが百数十年の歴史しかないものです。私が本当に問題だと感じているのは、着物が記号としてしか認識されないこと、着物の画一化です。

着物はわかりにくいです。それは着物が豊かな複雑性を持っているからです。同時に着物の素晴らしさというのもこの複雑性にあります。そして複雑性ゆえに着物は形を変えていくことができるのです。パリのデザイナーとのコラボもそうですし、技術を応用することで屏風や絵画を作ることもできます(これは着物ではありませんが着物の文脈で語るのには合理性があります)。和風コスプレは着物の形をしていればとりあえず着物として扱うところがあり、これこそ着物という枠を作ってしまっています。和風コスプレに携わる人は傾向として「いろいろな着物があっていい」とは言いますが、結果的に彼らは着物の形式に従うことしかできていません。質を吟味することがない。中身がない。だから引き継ぐものを引き継いで新しいものを提案することがない。

和風コスプレの登場はある意味では必然でした。主観と客観の区別が不明瞭で、価値判断を下すことができず、自分をどこにも位置づけることができない状況において、和を象徴する記号としての着物は相性が良かったわけです。「伝統を身にまとう私」。この現象を広く捉えるならば、偏差値の高い大学がよい、上場企業に就職すべき、年収が高いほど幸せ、星の多い飲食店はおいしい、値段の高い料理はおいしい、モノの数が少ないほど幸せ、といったものと同列に考えることができるでしょう。主観的に考えることができない。客観的指標に頼れば失敗することがなく、仮に失敗しても自分の判断ではないから傷つかない。

前後しますが、質を吟味することがないのは着物業界の人も同じです。彼らは自分が何を売っているのかを知らないのです。価値がわからない。価値判断を下せない。ゆえに仕入れ価格から値段を考えることしかできない。これは消費者と接点を持つ呉服屋に顕著で、お客さんが少しでも反応すれば即座に半額で販売してしまう。質について吟味することがないからこそ、こういう愚かなことができるのです。業界が自ら着物に価値はないと言っているようなものですから、現状は当然の結果でしょう。

まとめ

このまま書いてしまうと、ただの着物業界への愚痴になってしまうのでこの辺でやめておこうと思います。

とにかく言いたかったのは、和風コスプレは着物業界の改善には貢献しないし、肝心の着物文化を崩壊させることにもなります。

今一度、着物の価値を吟味したほうがいいのではないでしょうか。今のままではただの自滅です。