nancolu

一般人の個人ブログです

研究テーマ決まらないんだけど



大学院入試の研究計画書なかなか難しいな - nancolu

大学院入試の研究計画書が書けない - nancolu

やべぇんだけど。研究テーマが思いつかない。

あまりに不確かな概念について研究するのはちょっとやっぱりどうかと思って、ちょっと視点を変えて、違うアプローチをすれば、直接的にその概念を扱わなくても近い研究はできるんじゃないかと思って、いろいろと考えてたんですが、既にまったく同じことをしている研究者がいて、お手上げ状態です。

自分が考えた事なんか既に誰かがやってる、とはよく言うものですが、ここまでピンポイントに被るものだとは思いませんでした。なんか、もう研究することなんかないんじゃないかとも思えてきそうです。でも、現役の研究者と同じ視点を持っていたという意味では、ある意味見込みがあるのでは?と好意的に考えるのもアリかな、ただの自意識過剰か…。

え~待って、大学院に入学した人ってみんなこういうの経験してるんですかね?よく「就活失敗したから大学院行くわ~」みたいな人がいますが、ていうか私の同級生にもそういうのがいたように思うんですが、就活してたら院の準備なんかしてる時間は限られていると思うんですけども、そんな短時間で研究テーマ見つけていたってことですよね、天才か。いや、私が馬鹿なだけなのか、そうか。

ていうか、社会人で大学院入試受ける人ってどうやってるんですか?働きながら、自分が研究したい分野の最前線がどこであるのかを理解するってほぼ不可能じゃないですか?専門書なんかそんな簡単に手に入らないでしょうし、大学院の内部情報を得るなんてよほどのことじゃないと難しいと思うんですけど。まあ、確かに社会人入試は面接と書類のみのところも多いですし、余裕があるのかもしれませんけども、でも研究計画書の提出はまずあるでしょうから、それなりに勉強しておく必要があるでしょうに。

入学後の研究計画書は、まあ、アレですけども、入学前の研究計画書というのはよくわかりません。何を求めているのかよくわからないです、どれほどの水準であればいいんでしょう、何を評価しているのでしょう?だいたい1000文字で書けって。

ネット見てたら大学院に入ってから研究テーマに悩んでいる人もいるようなんですが、だったらこの研究計画書というのは本当によくわかりません。入学後に研究テーマが変わることはよくあるそうですが、変わること前提の研究計画書というのもよくわからないんですけども。計画書でもなんでもないような…。

研究っておそろしいですね、完全な素人がプロの研究者と同じ土俵でやっていくわけでしょう?素人でもプロから対等に扱われるという意味でもあるんでしょうが、ハードル高いですね。

さて、勉強しよう。