nancolu

一般人の個人ブログです

紙とペンはなんだかんだでかなり便利



ペーパーレス化

私の友達がペーパーレス化に力を注いでいます。割とガチでペーパーレスを意識しているようで、

  • 普通のメモとかノートは全部タブレットで、タッチペンを用いて書く
  • 書類の作成はワンドライブ
  • メモ、ノート、書類はすべてクラウド上に管理
  • 紙媒体で配布された資料はCamScannerで電子化、クラウドで管理

というようなことをしています。

私も電子化は割と好きな方で、電子化できるものはそうしたいと考えています。なので、書類作成は当然ながらWordを使いますし、メモ・ノート・書類などもすべてクラウド上で管理しています。私もCamScannerを使っているのですが、これはかなり便利ですね。

紙とペン

しかし、「書く」ということに関しては、やはり紙とペンが便利だと思います。こういうことを言うと、友達なんかは典型なんですが「前時代的」と言ってくるわけです。

でも、これだけIT技術が発達した今でも、紙とペンを超えるほどの便利なツールやアプリを制作するのは極めて難しいことであると思います。紙とペンほど自由に書けるツールは存在しないと思いますし、これからもおそらく出てこないのではないでしょうか。出るとすれば、まったく想像もできないような形になっていそうですね。それはそれで見てみたいですけども。

電子化は好きですが、紙とペンは譲れないですね。保存や閲覧には電子媒体は向いていると思うのですが、書くのはやっぱり不向きだと思います。私が思うに、書いたものをいかに電子化するか、どうすれば電子化しやすいかを考えるべきです。

A4コピー用紙

そして、私が行きついたのが、前にも書いたと思いますけども、A4のコピー用紙ですね。ちょっとメモを取りたいときや、本格的にノートを取りたいときも全部A4のコピー用紙です。メモとノートの形式が同じというのは、これは予想以上に便利なもので、一元管理できるのが非常に気持ちが良いです。

メモに関してはちょっと特殊な使い方をしているのですが、アブラサス薄いメモ帳の折り方を参考にしています。ズボンのポケットに入れることができますし、電子化にもすごく向いています。

それで紙に書ききれなくなったら、CamScannerで撮影して、PDF化して、クラウド上で管理します。最初、慣れるまでは不便かもしれませんが、慣れたらめちゃくちゃ便利です。メモとかノートとか書類の管理ってこんなに楽だったんだなぁって思いました。

興味のある人はやってみてください。