なぜ副業は稼げないのか?副業で稼いでいく方法とは?



働き方が変化してきたことから、副業が注目されるようになっています。しかし、ネットで検索してみると「副業は稼げない」というような意見がたくさん出てきます。いったいなぜ副業で稼ぐことができないのでしょうか?

副業で稼げない理由

答えは非常に簡単で、成果報酬型の仕事が多いからです。成果報酬型とは、何らかの成果が出た場合に、その成果に応じて報酬が決定するというものです。質の高い成果をたくさん出せれば報酬は高くなりますが、成果を出せなければ報酬はありません。つまり、副業で稼げていない人は、成果報酬型の仕事に参入し、そして成果を出すことができていないわけです。

「副業」は「在宅ワーク」とセットで語られることが多いです。つまり、「自宅でできる副業」です。それでは、自宅でできる副業にはどのようなものがあるでしょうか?多くの人がパッと思いつくところであれば、データ入力、文字起こし、webライティング、アフィリエイト、ネットショップ、投資などでしょう。これらの仕事は、簡単だけど単価があまりに低い、当たればデカいけどほぼ当たることはないのどちらかであり、結局のところ成果が出しにくく、報酬も生まれにくいです。

自宅でできる副業で稼ぐには?

どうしても自宅でできる副業でやっていきたい、稼いでいきたいのであれば、最低限必要な能力が2つあります。1つ目は専門に関する能力です。例えば、ライティングであれば書く力や何を書くのかという中身に関するところになります。2つ目は営業、売り込む力です。

少し話がそれますが、自宅でできる副業をする場合に、多くの人はクラウドソーシングサービスなど、既存のプラットフォームを利用することが多いです。簡単に仕事が手に入るからですね。しかし、ここにある案件は、しょせんは誰でもできる仕事です。見ず知らずの相手に任せられる程度の仕事でしかありません。クラウドソーシングサービスのメリットとして営業する必要がないことを挙げる人がいるのですが、誰でもできる仕事なのですから、そもそも営業をするまでもないです。また、クラウドソーシングサービスを利用する人は「仕事をしている、生産している」と考える傾向があるのですが、残念ながら消費者でしかありません。クラウドソーシングサービスも立派な営利企業であり、自社の利益になるような仲介料を請求しています。なので、クラウドソーシングサービスを利用していても、まとまった金額を稼げるわけがないのです。

長くなりましたが、話を戻します。成果報酬型の仕事をする以上、それなりの成果を出さなければなりません。そのためには、専門に関する能力は不可欠です。能力がないのに稼げないと言っていても何にもなりません。そして営業です。仕事は勝手に降ってくるわけではありません。自分で仕事を作っていく必要があります。そのためには営業力は欠かせません。自分から動き、自分の力で稼いでいく、これはある意味では経営者に近いでしょう。

副業で確実に稼いでいく方法

バイトなどのように、雇われることです。雇われていれば、基本的には働いた時間に応じて給料が発生するので、成果報酬型のように働いたのに報酬がないという事態にはなりません。また、既に仕事がそれなりの形になっている状態であるので、自分で考えなければならない部分が小さいです(これは雇われることが劣っているわけではなく、向き不向きの問題です)。自分から仕事を作ることに慣れていない人にとっては、比較的働きやすいでしょう。

雇われるのは、確実に稼げると共に、最も簡単に稼げる方法でもあります。確かに、雇われていれば上司から怒られたりすることもあります。しかし、怒られたとしても、何らかの損失を出してしまったとしても、給料は支払われます。これは非常に恵まれたことです。

成果報酬型のような働き方であれば、損失を出せばそれがそのまま収入に影響します。収入が0ならまだいいほうで、赤字になることも珍しくありません。自宅でできる副業をやっている人は、そういうリスクを知らないうちに受け入れているわけです。そのことに気づかなければなりません。

まとめ

自宅でできる副業で稼ぎたいのであれば実力をつけましょう。それができないのであれば、バイトなどのように雇われる形で副業をしたほうが確実に稼げます。