nancolu

kore ha kojin-burogu de aru

文系大学院入試のための研究室訪問のやり方


研究室訪問は理系のイメージが強いかもしれませんが、文系でもやるのが普通です。そこで文系の研究室訪問のやり方やポイントを紹介します。

研究室訪問のやり方とポイント

アポをとる 

指導を受けたい先生が決まったら、その先生に研究室訪問をしたいと伝えます。これはメールで構いません。先生のホームページや大学の教員紹介のページにはたいていメールアドレスが記載されていますから、そこにメールを入れましょう。

ごく稀にメールアドレスを公開していない先生もいるのですが、この場合は面倒ですが手紙を出します。大学の事務に事情を伝え、先生の住所を聞きます。住所も教えられない場合は事務に手紙を出し、事務から先生に渡されることになるかと思います。

とにかく、連絡先がわかったらメッセージを出すことになります。メールでも手紙でも書くことは同じで、最低限の形式(宛先や自分の名前・所属など)を守りつつ、大学院に進学して先生の指導を受けたいこと、そのための研究室訪問をしたいこと、希望する日時(先生も忙しいのである程度の幅があったほうがいいです)あたりを書けばいいでしょう。

たまに「先生の研究は素晴らしいです」みたいなのを長々と書く人もいるようなのですが、そういうのはいりません。要件を端的に伝えればOKです。

研究室訪問の準備

実際に研究室訪問をするまでにいくつか準備をしておきましょう。

まずは研究計画書を作っておくことです。研究室訪問の最大の目的は、先生から指導を受けることができるかを確認することですから、自分がどういう研究をしたいのかを明確に説明できるようにしておかなければなりません。最低限、何を明らかにしたいのか(研究テーマ)、それをどのようにして明らかにするのか(研究手法)の2つは説明できるようにしておきたいところです。

次に先生についてある程度は調べておくことです。これはわざわざ書く必要もないかな、と思ったのですが、案外調べない人が多いので書いておきます。先生の専門分野が何であるのかはもちろんのこと、先生がどんな論文を書いてきたのかくらいは最低限知っておかなければなりません。可能であれば、先生の著作全部に目を通しておきたいところです。

そして質問したいことをまとめておくことです。先生の研究でわらなかったところとかゼミの雰囲気とか、あるいは研究計画書へのアドバイスとかを聞いてもいいかもしれません。あと、まだ持っていない場合は過去問ももらっておきましょう(事務からもらってほしいと言われるかもしれませんが)。

研究室訪問当日

約束していた日時に研究室へ伺います。服装は私服で構いません(スーツでもいいですけど)。ただジャージとかはやめといたほうが無難だとは思います。それから、お土産もいらないです。

研究室訪問は、就活の面接のような形式はありませんから、先生と自然に会話するように進めていくのがいいでしょう。慣れてる先生なら自分からいろいろとやってくれるでしょうし、人によっては「何しに来たの?」というような場合もあります。ただ、忘れないようにしたいのは、研究室訪問の目的は先生から指導を受けられるかの確認と自分の研究内容を伝えることです(というか自分の研究内容を伝えなかったら指導できるかどうか先生も判断できません)。

研究室訪問は数分で終わることもあれば、30分くらいになることもあれば、1時間くらいになることもあります。

研究室訪問が終わったら、その日のうちにお礼のメールを入れておくのが丁寧です。

極論メールだけでもいい

ここまでオーソドックスな研究室訪問のやり方について書いてきました。上のような研究室訪問を求めてくる先生もいるのですが、繰り返し書いてきたように、要は先生から指導を受けられるかどうかを確認できればそれでいいわけです。それにぶっちゃけ、文系は、理系ような実験器具がいっぱいあるような研究室はありません。つまり文系では設備がそれほど問題にならないので、研究室を実際に目で見て確認をする必要がないのです。

そういうわけで、文系(とりわけ思想系)の場合、先生にメールで確認するだけでもよかったりします。その際、メールに研究計画書を添付し、メール本文には「こんな研究をしたいです」という概要を載せておけばよいでしょう。それで指導を受けられるならメールだけで完結します。不十分であれば先生から「一度研究室に来てください」というような返事が来るかと思いますので、その場合は研究室に行けばいいです。

また、他の接触方法としては、大学院の入試説明会に指導を希望する先生が来ていればラッキーですね。その場で研究内容を伝えて、指導してもらえるか聞きましょう。他にも、先生が関わっている会議がもし一般に公開されているならば、そこに参加して、その場で尋ねてみてもいいかもしれません。あるいは、学部でお世話になった先生から紹介してもらうということもできるでしょう。

こんな感じで、要は接触さえできればそれでいいのです。もちろん、いろいろと気になることがあって実際に研究室訪問したいという場合であれば、それを先生に伝えればいいかと思います。

研究室訪問をしなかったらどうなる?

中には、研究室訪問あるいは何らかの連絡をしたがらない受験生もいるようです。何もせずに受験したらどうなるのでしょうか?

募集要項に研究室訪問について書かれていない場合は、研究室訪問の有無は合否とまったく関係ありません。なので、何もしなくても試験に合格することは可能です。

しかし、入学後に困ることになる可能性があります。自分ではこの先生に教えてもらえるだろうと思っていても、実際には専門分野が微妙にズレていたり、既に教員が学生を大量に抱えていてこれ以上は無理というようなことになるかもしれません。そうなってしまうと、入学したのに指導できる先生がおらず、まともに研究できないということになってしまいます。

また、先生との相性もかなり重要です。大学院のようなアカデミックなところで、相性というのも変な気がするかもしれませんが、先生も人間です。しかも、先生から指導を受けるわけですから、かなり距離が近くなります。ですので、人間関係がこじれると研究に支障が出てしまうのです。実際、先生との相性が悪くて大学院をやめていく人は少なくありません。先生との相性は本当に馬鹿にできないので、事前に先生の人柄みたいなところも確認しておきたいところです。その意味で、メールだけで終わらせずに、実際に研究室訪問をして会ってみるというのはアリかと思います。

このように、何かしらの問題が発生する可能性があるので、注意したほうがよいでしょう。

おそらく、研究室訪問をしたがらない人は、先生というか知らない人に自分からアプローチをかけるのが怖いといったところではないでしょうか。もしそうなら、これはできるかぎり早く克服した方がいいです。というのも、大学院で研究していくならば、知らない人と会う機会が多いからです。積極的に研究者と交流をしていかないと、よい研究はできません。

まとめ

研究室訪問は別に怖いものではありません。むしろ、真剣に研究をしようと思うならば、研究室訪問の必要性はわかるはずです。また、先生としても、研究室訪問は仕事の1つでしかないので、こちらが変に遠慮する必要はありません。研究がんばってください。