方違神社に行ってきた感想


方違神社に行ってきた

大阪堺市にある方違神社に行ってきました。3年前に実家のリフォームをしたんですけども、それの関係です。

実家は京都にあるのですが、リフォームをしている最中、私は東京で生活をしていました。親から実家のリフォームをするとは聞いていたのですが、ずっと東京にいたもので状況がわからず、実家に戻った際には家が変わっていたのでびっくりしました。家に帰ったら家が変わってた、というのはなかなかできない経験なので面白かったですね(笑)

実は方違神社に行くのはこれが3回目になります。1回目と2回目は父親が車を運転していたのですが、今回は都合が悪くて電車で行くことになりました。初めてのことだったのでちょっと不安だったんですけども、意外とアクセスがいいです。天王寺からJR阪和線堺市駅に行って、そこから歩いたのですが、徒歩15分くらいでした。道も非常にわかりやすく、改札を出て右に行って、ベルマージュ堺の前をまっすぐ行くだけです。バスもあるみたいなのですが、徒歩でもまったく苦ではありませんでした。

で、肝心の方違神社なのですが、こちら。

f:id:k024:20181218212737j:plain

立派です。非常に綺麗ですね。実は前回来たときは建て替えの工事をしていて見ることができませんでした。それで今年になって工事が終わって、上のようになっています。本当はもっと写真を撮っておきたかったのですが、あまりパシャパシャやるのも品がないというか失礼であるように思われたので、この1枚だけです。この写真ではよくわかりませんが、美しかったですよ。

方違神社は割と有名ですが、観光として行くにはちょっと物足りないかもしれませんね。歴史が好きな人なら感慨深いものがあるかもしれませんけど、そうでないならばあまり見るものはないです。

方違神社の特徴

簡単に書いておきたいと思います。紀元前90年に建てられました。めちゃくちゃ歴史のある神社です。スサノオノミコトを祭っています。

方角に関する厄除けをするなかなか珍しい神社で、旅行や引っ越し、新築などの際に訪れることが多いです。関西はもちろんのこと、遠くから来る人もいるほどです。

方違神社は地理的に3つの国のど真ん中に位置しています。そのため、それぞれの国から見るとあらゆる方角を相殺するので、方角がない聖地と言えるのです。そこから方角に関する厄を取り除いてくれると考えます。