保育士になるには?よくある疑問とその回答



手に職を持ちたい、現在は専業主婦だけど働いてみたい、子どもに携わる仕事がしたい。そんな考えを持つ人から注目されているのが、保育士という仕事です。保育士はあまりに知られた仕事ですが、実際にどうやってなるのかという点についてはあまり知られていません。それでは、保育士になるためにはどうすればいいのでしょうか。

保育士になるには?

保育士資格を取得後、就職すれば保育士になれます。資格取得後に独立することもできますが、就職するのが一般的です。

保育士資格の取得方法

大きく2つに分かれます。

  1. 保育士資格を得ることができる、厚生労働省指定の養成学校(大学、短大、専門学校)を卒業する
  2. 保育士試験に合格する

保育士試験を受験する場合は、受験資格があるため、それをクリアしなければなりません。1つでも条件を満たしていれば受験できます。

  • 大学、短大、専門学校を卒業する
  • 大学に2年以上在学し62単位以上取得済みである、または在学中である
  • 短大に在学中である
  • 専門学校に在学中である
  • 高校を平成3年3月31日以前に卒業している
  • 高校の保育科を平成8年3月31日以前に卒業している
  • 高校を卒業し、児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上の実務経験がある
  • 中学卒業後、児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上の実務経験がある

専門学校は、学校教育法に基づいた専修学校であり、修業年度2年以上でなければなりません。また、学校の種類に関係なく、在学中に受験する場合は、受験した年度内に卒業できなければ(大学は2年以上在学、62単位以上取得できなければ)合格しても無効となります。専攻は保育と関係なくても問題ありません。

保育士資格の取得に年齢制限はある?

年齢は一切関係ありません。

しかし、資格取得のために大学・短大・専門学校に入るのであれば、学生の大部分は18~22歳であるため、年齢の高い人にとっては居心地の悪さを感じることが多いようです。本来は年齢に関係なく、誰でも学ぶことができる場であるのですが、日本では社会人が学校に入学するという習慣があまりないため、仕方がないですね。人目を気にしてしまう場合は通信制大学を利用すると良いでしょう。

また、資格取得に関して年齢は一切問われませんが、保育士として就職する際には年齢が問われることもあります。傾向としては、求人の多くが20~30代を対象にしています。これは、保育士が力仕事中心であるからです。保育士に対して「子どもと楽しく生活する仕事」というイメージを持つ人もいるのですが、実際には子どもを抱っこしたり、催事に必要な備品などを運んだりと、体力が大切になります。

しかし、40代以上でも保育士の仕事をすることは可能です。保育士不足が深刻な問題となっているため、とにかく保育士を確保したいと考える施設は少なくありません。ただ、傾向としては、正社員ではなくパートとしての仕事が多いです。パートから正社員になる人もいますが、数としてはあまり多くはありません。

ピアノは弾けるようにしたほうがいいのか?

保育士を目指す人に意外と多い悩みが、「ピアノ弾けないんですけど、どうすればいいですか?」というもの。

ピアノを弾けなくても保育士資格を得ることはできます。保育士試験の場合は、「音楽表現」「造形表現」「言語表現」の3科目から2科目を選択することになるのですが、ピアノ演奏が求められる音楽表現を選択しなければ、ピアノを弾くことなく保育士資格が得られます。

養成学校を卒業する場合は、ピアノに関する授業が必修になっていることが多いため、まったく弾かずに卒業するのは稀です。しかし、この授業は、あくまでもピアノを弾けるようになるための授業であって、そんなに高度な技術が求められるわけではありません。そんなに弾けなくても、授業に毎回出席するなど、それなりの態度を示しておけば、単位は得られるでしょう。

このように、ピアノが弾けなくても保育士資格を得ることは十分可能です。しかし、就職するとなると、試験としてピアノ演奏が求められることが多いです。公立の保育園に就職したい場合は、ピアノの実技試験は絶対にしなければなりません。私立ではピアノの試験がないこともありますが、それでも稀です。

ピアノを完全に捨てて、他の実技試験や面接で点数を稼ぐこともできるでしょうが、実際に保育士として働きだすと、必ずピアノを弾く機会が出てきます。園児の誕生日会やちょっとした遊び、演技などなど、ピアノを使う機会を挙げればキリがありません。「○○さん、ちょっと園児たちにピアノ弾いてあげて」と頼まれたときに「いや、私はピアノ弾けないんで」とはさすがに言いにくいです。

ピアノが弾けなくても保育士になることは不可能ではありませんが、実務を考えると弾けたほうがよいでしょう。しかし、「弾ける」といっても、お客さんにクラシック音楽を披露するわけではありません。あくまでも、ピアノを聞く人は園児なのですから、簡単な楽譜を弾ける程度で十分です。

英語は必要?

保育士として働くにあたり、英語を使えることは必須ではありません。しかし、グローバル化が進んでいることや、英語教育の早期化などの影響から、保育士も英語を使えたほうが良いとは言われるようになりました。どんどんスキルアップしたい、もっと給料を上げたい、という場合は英語を勉強するのもいいでしょうけども、普通の保育園で働いている分にはそれほど必要というわけではないです。

英語教育をウリにしているところで働くならば、英語は使えるようにしておく必要があります。園児に英語教育をするために、外部から外国人講師を雇うことが多いため、外国人講師とコミュニケーションが取れる程度の英語力は必要です。

面接ではどんなことが聞かれる?

志望動機

言うまでもないことですが、やはり志望動機は必ずと言っていいほど聞かれます。中には応募者の緊張をほぐすために志望動機を聞く場合もありますが(ほぼ確実に用意しているだろうから安心して答えられる、という意味で)、重視することが多いです。

正直なところ、どこの保育園でも提供するサービスは同じようなものです。しかし、保育に対する考え方などによって、微妙にサービスの在り方が変わってきます。同じ職場で働く以上、同じ価値観を持って働きたいと考えるのは自然なことなので、それを志望動機で示せるのがベストです。どの施設にも理念や方針があるので、それを参考にするとよいでしょう。

退職理由

初めての就職ではなく、転職である場合は、前職をやめた理由を聞かれることが多いです。まったく違う業界からの転職であればなぜ保育士になろうと思ったのかも含めて気になるところですし、保育園を辞めてきたのであればなぜ辞めたのは非常に気になるところです。

この業界は人材不足が深刻であるため、応募者がいることに対してありがたいと感じるところは多いですが、それでも何かしらの問題(すぐに辞めてしまうなど)を抱える人は採用しにくいです。