東本願寺に行ってきた感想



東本願寺に行ってきた感想です。今までに何回が行っているのですが、京都駅から近いこともあり、ふらっと行ってきました。京都駅の中央改札(京都タワーのある方)から歩いて5分くらいのところにあります。本当にすぐ行けるので、京都駅に行った際には東本願寺にも行ってみてください。

カメラの設定間違えたみたいで、画像のサイズが大きくなってしまいました。圧縮はしましたが、表示が遅いかもしれません。

阿弥陀堂

f:id:k024:20180410172611j:plain

これは阿弥陀堂。お寺にして非常にシンプルな外見をしています。中は写真撮影禁止なので撮ってませんが、外と同じく非常にシンプルです。これだけの規模だと、中も豪華で立派な感じがしそうなのですが、意外と装飾は少ないです(ないことはないけど)。キリスト教的に言えば、プロテスタント教会に似ているかもしれませんね。

f:id:k024:20180410172624j:plain

これは御影堂から撮った阿弥陀堂です。天気が良くて、京都タワーも綺麗だったのですが、逆光になってしまいました。

御影堂

f:id:k024:20180410173159j:plain

御影堂には親鸞さんがいます。基本的には阿弥陀仏を中心に考えるんですが、建物としては御影堂の方が大きいです。

f:id:k024:20180410173647j:plain

これは、御影堂の前にある、手を洗うところですね。龍が口から水を出しています。なかなか迫力のある龍でした。でも、「カッコいい」というよりかは「カワイイ」かな。写真ではちょっといかついように見えるかもしれませんが、ほどよい大きさで、いい感じです。

御影堂門

f:id:k024:20180410174034j:plain

これは門です。この奥に御影堂があります。いやー、それにしてもデカい。

京都市内の道って基本的にはまっすぐじゃないですか。でも、東本願寺の前の通りは少し曲がっているんですよね。それだけ東本願寺の力があったということなんでしょう。

全体的な感想

まあすごいです。とにかくデカいですね。圧倒されるほどの大きさです。正直なところ、一時期、こんなバカでかいの作って何になるんだ、デカいだけで品がない、なんて思っていたこともあるのですが、今になって行ってみるとこれはやっぱりすごいです。大きいだけじゃなく繊細さもあって、素晴らしいものだと思います。