nancolu

一般人の個人ブログです

なぜゲームを見る人がいるのか



なぜゲームを「見る」のか?

ここ最近、というわけでもないですが、ゲームを実際にプレイするのではなく、見るだけの人が増えてきているそうです。統計とかは知りませんが(ファミ通さんこのへん出してくれないかなぁ~)、でも確かに個人的な感覚としては増えている気がします。そして、ゲームを見ることに対して、「なぜ、するのではなく見るのだろう?」と考える人がいるようです。

なぜゲームを見るのか?これは極めて簡単な話で、スポーツの試合を見るのと同じです。「なぜゲームを見るのか?」はサッカーの試合に行っている人に対して「なぜサッカーの試合を見るのか?どうして実際にボールを蹴らないんだ?他人のサッカーを見てワーワー言っているのがそんなに楽しいのか?」と言っていると同じです。的外れとしか言いようがありません。

私の思い込みなのかもしれませんが、ここには、根底にゲームはくだらないという価値観が潜んでいるように思えます。前にも書いているんですけども、ゲームはビデオゲームだけを指すのではありません。今、例に使ったサッカーも立派なゲームですし、将棋もゲームです。

素人によるゲーム実況動画

さて、ゲームという概念について言い出せばキリがないので止めておきますが、ゲームを見る人が増えてきている(ように思える)ことは確かに疑問です。なぜ増えてきたのかというと、その原因としてYouTubeの影響は無視できないでしょう。YouTuberと呼ばれる人たちがゲームをプレイする動画を数多く上げています。一般的には「ゲーム実況動画」と呼ぶようですが、こういった動画がたくさんアップされているのは間違いありません。

ネットでほかの人の意見を見ていると、「YouTubeにゲーム実況動画が数多くあり、キッズたちがゲームを見るようになってきている。なんでキッズはゲームで遊ぶのではなく見るのだろう?」という感じで話が展開されているのが多かったです。しかし、先ほども書いたように、ゲームを見ること自体は別に問題でもなんでもありません。当たり前のことです。

私の疑問は、なぜYouTubeであるのか、です。YouTubeに投稿されているゲーム実況動画の大部分は、YouTuber自身がプレイしているのですが、その実力はたいてい素人レベルです。中には、確かにプロのゲーマーが解説動画を出していることもあるのですが、再生されている動画の大部分はYouTuberによる素人的なプレイ動画です。

もう一度、たとえとしてサッカーを考えたいのですが、素人のサッカーの試合をわざわざ見たいと思うでしょうか?親御さんとか関係者が子供のサッカーを見るというのはわかりますが、そういう特殊な事情を除けば、普通はプロのサッカー選手が行う試合を見ると思います。テレビで中継されているのも大部分はプロサッカーですから、プロに需要があるのは言うまでもないでしょう。

なぜ、彼らはプロのゲーマーの動画ではなく、素人の動画を見るのでしょうか?

素人の参加

正直なところ、私はまだこの答えがわかりません。ただ、この疑問はそれなりに意味のあることだと感じています。というのは、テレビの在り方の変化に対応するからです。

もともとテレビに登場するのは、優れた能力を持つ人や、普通では触れることのできない情報などが主でした。従来のテレビは、テレビに映る側とテレビを見る側、つまりアチラ側とコチラ側で明確な線引きがあったわけです。しかし、時代が流れるにつれて、テレビに素人が参加するようになります。「コチラ側だと思っていた私が、実はアチラ側に行くことができるんだ!」そういう価値観が生まれるようになります。

さらにその価値観が強くなることで、番組制作に変化が生まれてきました。典型的な変化の特徴として、バラエティー番組によくみられる、カメラマンの撮影風景や舞台の裏側が突然放送されるというものが挙げられます。本来、テレビでは番組は完成されており、その裏側が見せられることはありませんでした。しかし、あえてその裏側を見せるということが行われるようになります。バラエティー番組のように、突然に裏側を見せられることで、アチラだと思っていたものが実はコチラ側だったという認識が生まれることになります。テレビは遠いところにあるのではない、あなたと同じ視点を共有しているのだ、ということです。最近の芸人には芸がないと言われることが多いですが、それは当然のことです。素晴らしい芸を見せると、それはアチラ側になるのですから。

長くなりましたが、YouTubeです。動画に登場するYouTuberは常にコチラ側の存在です。コチラ側なのですから、YouTuberが特殊な才能を動画で見せつけてはいけません。その瞬間にYouTuberが提供する動画はアチラ側になるからです。

--追記--

Mステの知らねぇ高校生がダンスするコーナーどういう気持ちで見りゃいいんだよ - kansou

この記事面白いですね(笑)テレビに素人が参加している典型的な例ではないでしょうか。テレビがコチラ側にどんどん移行しているのだと思います。

--追記おわり--

ゲームは本質ではない

YouTubeにおいてゲーム実況動画が数多く展開されるのは、それはゲームを楽しみたいからではなく、YouTuberとの時間を共有することにおいて、ゲームが身近なものとして機能しているだけにすぎません。友達とゲームをして遊ぶ感覚とだいたい同じはずです。YouTubeにおいては、ゲームを見たいから見ているのではなく、YouTuberとのつながりを意識したいがために、その仲介としてゲームが使われているということです。

ではなぜ彼らは画面の向こう側の人たちとつながりたいのか。これについては私もなんとも言えないのですが、根本には現実と虚構の区別がついていないのではないかと思います。