ゲーム実況で稼ぐには?収入を上げるコツなど解説



最初に言っておくと、ゲーム実況で稼ぐのはなかなか難しいです。しかし、稼げないわけでもありません。最近では副業OKの企業も増えてきていますから、最初は本気にせず、「まあ、ちょっとやってみるか」程度に取り組むのが精神的には良いだろうと思います。

収入の仕組み

まずは基本的なところからです。収入が発生する仕組みですが、主に2つあります。

広告収入

ゲーム実況動画の下あたりに広告を掲載することで、広告主から広告の掲載料を貰うことができます。これは世の中にある無料コンテンツとほぼ同じ仕組みです。例えば、テレビは無料で見れますが、それは広告を出している会社がテレビ局にお金を出しているからです。

広告収入のメリットは収益を出しやすいこと。デメリットは大きな利益は出しにくいこと。広告収入で運営したい場合は、基本的にはYouTubeを使うことになります。

有料動画

ゲーム実況動画を見たいのであればお金を払ってくださいね、という感じです。アマゾンやGoogleプレイなどで数百円出せば映画などの映像コンテンツが見れますが、だいたい同じようなイメージ。

有料動画のメリットは大きな利益を出しやすいこと。デメリットは収入を得るまでに時間がかかること。有料動画が運営したい場合は、基本的にはニコニコ動画を使うことになります。

YouTubeとニコニコ動画のどちらに投稿するか

YouTubeとニコニコ動画の両方を使うのが無難です。考え方としては、ニコニコ動画をメインに使い、YouTubeをニコニコ動画への導線として利用します。YouTubeに簡単な動画を出しておいて「もっと楽しみたい人はニコニコ動画を」みたいな感じで運営していきます。

なんとなく、YouTubeをメインに使いたがる人が多いように感じます。おそらくですが、YouTuberのイメージが強いこと、YouTubeのほうが参入しやすいこと、ニコニコ動画の知名度の低さなどがその理由でしょう。

しかし、YouTubeだけでまとまった金額(十数万円とか)を稼ぐのはかなり難しいです。ニコニコ動画の知名度がYouTubeよりも低いのは事実ですが、まとまった金額を稼ぐのであればやはりニコニコ動画に軍配が上がるだろうと思います。あくまでもYouTubeはニコニコ動画への導線で、YouTubeでも利益が出たらラッキーくらいに認識しておくのがいいと思います。

収入を上げるコツ

高度なテクニック動画を投稿しない

「ゲーム実況なんだから、ゲームのプレイ技術も高くないといけないのでは?」と感じる人は少なくないと思います。しかし、高度なテクニック動画を出すことは、たいていの場合、視聴者数の低下につながります。

質の高いモノが売れるわけではありません。例えば「モーツァルトとJ-pop、どちらのほうが優れた音楽ですか?」と聞かれた場合、多くの人はモーツァルトと答えますが、それにもかかわらずお金を出して聞くのはJ-popです。

モーツァルトは極めて有名ですから、実際に音楽の質が判断できなくても優れていると判断できますが、ゲームのようなマニアックのものに対して素人はその質を判断できません。実際には優れたプレーであったとしても素人には何が起こっているのかわからないということはよくあり、結局「わけわからん、つまらない」といって離れていってしまいます。

視聴者と友達になったつもりで実況する

視聴者が動画に求めているのは、ゲームそのものではなく、動画投稿者と遊んでいるような感覚です。これは友達と一緒に遊んでいるような感覚に近いでしょう。友達と遊べれば別に何でもいいのであり、その手段の1つとしてゲームがあるに過ぎません。パソコン上で交流するという形式上、ゲームが都合いいということです(ゲームを使わずに友達感覚を出そうとするとYouTuber特有の悪乗りになります)。

(この現象はかなり興味深いものです。本来テレビで放送されているのは「あっちの世界」であったのに対し、今では視聴者と同じ「こっちの世界」へと変わってきています。YouTuberの流行はテレビにおける「こっちの世界」の延長上にあると思われます。あまり具体的には書けていないのですがこちらの記事も参考に「なぜゲームを見る人がいるのか - nancolu」)

これは先ほどの高度なテクニック動画を投稿しないことにもつながります。実際に友達とゲームで遊ぶ際、友達がバカみたいに上手いテクニックを披露して無双していたら、あまり面白くはないでしょう。力に差があるとそれは「あっち」になってしまいます。本当に面白いと感じるのは、技術が高いことではなく、自分と友達のレベルが同じ程度であることです。

もし高度なテクニックを出したい場合は、何らかの形で笑える要素や動画投稿者に親しみを覚えるような要素を入れるといいでしょう。この点についてはレナスさんがめちゃくちゃうまい。あと幕末志士さんも参考になります。技術の高い西郷さんと若干下手な坂本さんがいい感じにバランス取れています(それ以前にこの2人はゲーム実況の見せ方が上手いんですけども)。

複数人で動画を作る

これも友達感覚と関係があるのですが、単純に人数の多いほうが楽しいです。実際に友達と遊ぶときも人数の多いほうが楽しいでしょう。それと同じです。YouTuberでは複数人で動画を作っていたり、一人での活動がメインでもコラボをしたりしていますが、無関係ではありません。

定期的に動画を投稿する

動画は1回出して終わりなのではなくて、定期的に投稿していく必要があります。理由は簡単で、そのほうが視聴者と友達っぽい関係が作れるからです。

ほかのサイトを見ていたら「ファンを作るために定期的な投稿が必要」と書いてあるものが多かったのですが、違います。「ファン」ではなくて「友達」です。なのでアイドルになる必要はありません。

ゲーム実況に需要はあるのか

ここは飛ばしてください。

結論から言うとあります。若い世代を中心に(若い世代ほどではないにせよ、その親世代も)、現実と虚構の関係のバランスが崩れてきています。テレビが「あっち」から「こっち」に移行してきたのはおそらくこれが原因でしょう。そして、このバランスの乱れは、YouTuberに代表されるような画面の中の存在との親和性が高いです。今後、ゲーム実況に法的な規制がされたりとかYouTuberが大規模な問題を起こして評判が下がったりとか、そういうことが起きたらわかりませんが、需要があるのは間違いないと思います。

 

さいごに

ゲーム実況で稼いでいる人は月に数十万円と稼いでいます。しかし、ゲーム実況を始めた瞬間にここまで稼げるようになるわけではありません。たいてい数年もの時間がかかります。本気で本業として頑張りたいという場合でも、最初は副業などから始めるのがいいだろうと思います。