なぜゲーマーはゲームを買わないのか


ゲーマーはゲームを買わない?

2ちゃんに、「ゲーマーってそれほどゲーム買わないよな」っていう意見が出ていました。これはかなり大雑把な言い方なので実際のところはどうかはわからないのですけども、しかし同時にわからないでもないなぁと感じました。ゲーマーって言っても色々なゲーマーがいるので何とも言えませんけど、そういう奴も確かにいます。では、ゲームをそれほど買わないゲーマーは一体なにを考えているのでしょうか。

「ゲーム」をしている感覚がない

私が思うに、そういう人はおそらく、「ゲーム」をしているという感覚がないのだろうと思います。つまり、「スマブラ」や「ストリートファイター」などのように個別の作品で遊んでいるという感覚が強いのだろうと想像します。

一般的にはゲーム機で再生できるものはすべて「ゲーム」と呼ばれています。しかし、たとえばテトリスとストリートファイターがまったく違うものであるように、あらゆる作品を「ゲーム」の一言で片づけるのは相当乱暴です。

本来的なことを言えば、ゲームは試合や勝負を意味します。将棋やサッカーもゲームです。ネットの辞書でもいいので「ゲーム」で調べてみてほしいのですが、おそらくほとんどの辞書でデジタルゲームの意味だけを載せているのはないでしょう。デジタルゲームの意味で載せていない辞書もあるはずです。それくらいに一般的に使われている「ゲーム」にはおかしなところがあります。

さらに言うならば、本来的なゲームに終わりはありません。将棋やサッカーで、これをすれば全クリした、と言えるところはないですが、デジタルゲームにおいてもそうです。技術の向上を目指していれば終わることはないですし、対戦は何回でも行えますし、完全な戦略・戦術は存在しないのですから対戦の都度考える必要があります。

そういう意味では、むしろゲームを何本も買う方がおかしくて、1つのものに真剣であろうとすれば他のゲームなんていちいち買ってられません。サッカー選手がバスケや野球など色々なものに手を出さないのと同じように、スマブラをやっている人はスマブラをやり続けるし、ストリートファイターをやっている人はストリートファイターをやり続けるのです。

まとめ

ゲームを買わないゲーマーがいることは別におかしなことではありません。むしろ、真剣に取り組んでいるという意味で評価できます。もちろんゲームとの付き合い方はこれに限定されるものではありませんし、いろいろなゲーム作品を遊ぶことがあってもいいでしょう。楽しみ方は人それぞれです。