大学の出身学部と就職はそんなに関係ない

学部は関係ない

よく言われるように、大学で何を勉強していたのかは就職とそれほど関係ありません。さすがに学部が指定されている場合(理系に多い)はそれに従う必要がありますが、指定がない場合はどの学部出身者であっても大丈夫です。

中には、「本当は希望する学部があるけども外面を良くするためにあえて指定していないのでは?」と勘繰る人もいるようなのですが、企業もそこまで暇ではないので、募集の段階で弾けるのであれば弾きます。

というわけで、求人票に指定がないのであれば、学部に関係なく応募することは可能ですし、採用される可能性もあります。

「大学って意味ないのでは?」

学部関係ないなら大学って意味ないんじゃないの?という疑問を抱く人もいるようです。それでは、そもそも大学とは何なのでしょうか?

大学は大きく2つに分けることができます。1つ目はドイツを中心とするヨーロッパ型の大学です。一番の特徴は、良い人格のための教養を重視していることです。2つ目はアメリカ型の大学です。こちらは良い社会人のための教養を重視しています。

日本の大学は、理念としてはドイツ型の大学です。つまり、良い人格形成を重視しています。私立大学には建学の精神というものがありますが、それを見ると人格に力を入れていることがわかるでしょう。

何が言いたいかというと、そもそも日本の大学は、稼げる人間の養成は眼中にないということです。なので「意味がない」「役に立たない」というのを、実務や稼げるという意味で考えているのであれば、それは全くその通りです。そういうのを目指したいのであれば、そもそも大学に進学するのが間違いで、専門学校に行くべきです。大学に進学してしまった学生が悪い。

大学の問題

しかし、「学生が悪い」と言い切れれば楽なのですが、実際のところ、ここには大学の根深い問題があります。というのも、大学は生き残りに必死で、ドイツ的教養を看板として掲げているからです。

ドイツ型の大学として運営していくならば、必然的にパトロンが必要となります。良き人格者を育てても、大学はお金を得ることができません。そこで、大学の外からお金をもらってきます。この、お金を出してくれるパトロンは、利益などとは無関係でなければなりません。例えば、パトロンが「お金を出すから、ウチに利益をもたらすような研究をしてくれ」と言い出すと、人格形成から離れてしまうからです。残念ながら、日本では、このパトロンが企業になってしまっています。なので企業の要望にある程度応えないといけません。その要望とは「役に立つ」人材の輩出、つまり稼げる人材の輩出です。

「役に立つ」ということであれば、専門学校でいいじゃないとなるのですが、そうなると大学としては困ります。学生が集まらなければ、大学を運営していくことができないからです。それでは専門学校との差別化を図るためにはどうすればいいのか。ここにドイツ的教養の意義があります。大学と専門学校、多くの人は大学の方がなんとなく知的な感じを受けるはずです。この「知的」というのはドイツ的教養のエリート意識から生まれるものです。

というわけで、日本の大学は、学生にはドイツ的教養を広告として提示し、実際にはアメリカ的教養を行って、企業をはじめとする社会の要請に応える、という形になっています。

本当に役に立たないのか

しかし、ドイツ的教養は本当に役に立たないのでしょうか。

例えば、相対性理論。非常に難解で、こんなの勉強して何の役に立つんだ?と思われるかもしれません。しかし、私たちに正確な位置を教えてくれるGPSは相対性理論に依存しています。相対性理論に並ぶものとしては量子力学があります。これも非常に難解で、何の役に立つのか理解しがたいところがあります。しかし、私たちが日常的に利用しているパソコンやスマホは、量子力学がなければ成り立ちません。

つまり、一見役に立たないと思われるものでも、使い方によっては役に立たせることは可能であるということです。「こんな学問は役に立たない」、そう言うのは簡単です。しかし、もしかすると、実際には学問を役に立たせるほどの力がその人にないだけなのかもしれません。

再び、学部は関係ない

就活性の中には、大学で学んだことをどう志望動機や自己PRにつなげればいいのかと悩んでいる人もいるでしょう。しかし、それほど心配する必要はありません。というのも、採用する側も学びの内容について十分に判断することができないからです。もし「大学の勉強が何の役に立つのですか?」と聞かれたとしても、「直接的に役に立つことはありませんが…」と前置きを入れて、それっぽいことを語りましょう。そもそも、その質問自体が大学を理解していない証拠なのですから。