英語がなかなかできるようにならない理由


「日本人は英語が苦手」とはよく言われることです。たしかに、小学校、中学校、高校、大学と、人によっては学校だけで10年以上英語を勉強している人もいます。にもかかわらず、英語を使えるようにはなりません。これほどまでに時間をかけているのに、どうして英語は上達しないのでしょうか。

勉強不足

見出しの通りです。日本人はなぜ英語ができないのか?という疑問は非常に多く、いろいろな人が説明を試みているのですが、勉強不足以外に説明のしようがありません。

学校で10年近く英語を勉強しているのに、勉強不足のはずがない、という反論がありそうです。たしかに、10年という時間は長いように思われます。しかし、その10年で実際にどれほどの英語に触れているのかを考えれば、相当怪しいのではないでしょうか。学校10年間の英語の教科書すべての文章を合わせても、その文章量は、せいぜいちょっと分厚めの文庫本1冊程度に過ぎません。これをサラ~とやっただけで英語を不自由なく使えるなら大したものです。間違いなく語学の天才でしょう(もちろん、そういう天才は稀に出現するのですが、周囲から発音の良さを指摘されて黙ってしまうのがオチです)。

また、日本においては、学校の授業以外で英語を使用する機会がないこともあげられます。逆に言えば、日本おいてはほとんど英語を使わなくてもいいということです。英語を使いもしないもしないのに勝手に使えるようになるなんてことはありません。

さらに、日本で英語を使う機会がないということは、これもまた勉強不足につながります。英語を勉強する時間は、日常生活で英語は使えないのですから、学校や仕事などの本業以外から捻出せざるを得ません。また、本業以外の時間をすべて英語の勉強に当てるのは現実的に無理です。せいぜい、1日に1~2時間程度でしょう。休日ならもう少しできるでしょうが、そんな頻繁に休日があるわけでもありません。こんな状態で十分に英語を勉強するのには無理があります。

勉強しよう

繰り返しになりますが、「日本人はなぜ英語ができないのか?」の答えは非常にシンプルで、勉強不足です。いろいろな業者が「英語ができない理由は○○だった!?」のように不安を煽り、教材を売りつけようとしている光景を見ることができますが、単に勉強時間が少ないだけなので、既に教材を持っているのであれば、それをじっくりと時間をかけて取り組むのが最良でしょう。

たしかに、細かいことを言えばいろいろな理由は出せます。学校教育が難しすぎる、発音が日本語とまったく違う、宗教文化が違う、日本語的発想から抜け出せない、などなど。しかし、時間をかけて取り組めば英語は理解できるものです。もちろん、どれだけの時間を必要とするかは個人差がありますが、病気などの特殊な場合を除いて、誰でも習得できます。

なので、英語を習得したいのであれば、諦めず、コツコツと勉強をすることが大切です。