電子決済は結局どれがいいの?


キャッシュレス化がどんどん進んできました。たしかに便利ではあるものの、クレジットカードや何とかペイなど種類が多過ぎてどれがいいのかわからなくなってきています。そこで、結局のところ、どの決済方法がよいのかについてざっくりと解説します。

電子決済の種類

まずは電子決済の種類から抑えましょう。5つに分類することができます。

1.クレジットカード

これは説明するまでもないでしょう。

2.デビットカード

ほとんどクレジットカードと同じです。ただ、引き落としのタイミングが異なっていて、デビットカードの場合は利用した瞬間に口座から直接引き落としされます。

3.電子マネー

SuicaやICOCAといったものが代表的です。カードにあらかじめチャージしておくタイプと、自動的にチャージされるタイプとがあります。

4.コード決済

バーコードやQRコードなどのコードをスマホのカメラで読み取って決済をする方法です。PayPayはこれになります。

5.モバイル決済

おサイフケータイや楽天edyなどがこれです。カードではなくスマホをかざして決済をします。コード決済との違いは、コード決済ではスマホのカメラでコードを読み取るのに対し、モバイル決済はスマホをカードのように端末にかざす点です。

どれを使えばいい?

結論から言うとクレジットカードです。もしクレジットカードを契約できない場合はデビットカードがよいでしょう。

電子マネー、コード決済、モバイル決済の多くはクレジットカードまたはデビットカードの登録を求められます。つまり、電子マネー、コード決済、モバイル決済を使用するということは、間接的にクレジットカード、デビットカードを使うことになるため、手間が増えるわけです。クレジットカード、デビットカードを持っているのならば、それを直接使った方が楽でしょう。

中にはクレジットカード、デビットカードを登録しなくても使える電子マネーなどもあります。しかし、その場合は現金をチャージしなければなりません。現金はどうせ銀行口座から引き出すのですから、だったらクレジットカード、デビットカードを使っている方が手間が省けて楽です。

電子マネー、コード決済、モバイル決済を使った場合、これらのポイントと、クレジットカード、デビットカードのポイントで2重にポイントが得られるメリットがあります。しかし、本当にメリットになっているのかは怪しいところがあって、これについては後述します。

どのクレジットカードを使えばいい?

クレジットカード(無理な場合はデビットカード)を使うにしても、大量の種類があります。どれがいいのでしょうか?

まず、クレジットカードは大きく4つに分類できます。VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス(アメックス)です。厳密にはこれ以外にもあるのですが、9割以上のカードはこの4つの内のいずれかにあたります。カードの券面に必ず書いてあるので見ればすぐにわかるはずです。

さて、このうち、日本ではVISAが使えるお店はMastercardも使えることが多いです。そして、JCBはアメックスと提携しているので、使えるお店に違いはありません。つまり、VISAまたはMastercardとJCBまたはアメックスを持っていれば、クレジットカードを使えるお店のほぼすべてに対応できるわけです。組み合わせは何でもいいのですが、VISAとJCBを持つのが無難でしょう。もし1枚だけしか持ちたくない場合はVISAがオススメです。

ここまで絞っても、まだ具体的にどのカードを使うのかを検討しなければなりません。ぶっちゃけ何でもいいのですが、もし万が一何か問題が生じた際の対応から考えるならば、銀行系かプロパーがいいでしょう。VISAにはプロパーカードがないので、三井住友VISAカードかMUFGカードが無難です。JCBはそのままJCBカードがあります。

というわけで結論としては、三井住友VISAカード(またはMUFGカード)とJCBカードを持っておけばよい、となります。

ポイントについて

最後にポイントについて簡単に触れておきます。ポイントがもらえると確かにお得であるように思われます。しかし、自然と貯まる分にはそれほど問題視する必要はありませんが、意識的にポイントを貯めようとするようになってくると問題です。というのは、行動が限定されるからです。効率的にポイントを貯めるためには、ポイントが多くもらえるお店を中心に利用することになります。当然これは決済の会社や決済方法を導入している会社の誘導によるものです。つまり自分で考えて行動しているわけではないということです。少ないポイントのために自分の自由を制限するのは、それほど賢い行動ではないように思われます。

まとめ

電子決済を使用するのであれば、クレジットカード、具体的には三井住友VISAやMUFGカードそしてJCBカードをオススメします。これはあくまでも電子決済を使用する場合の話であって、現金が不要だと言っているのではありません。むしろ、日本から現金が消滅するとは考えられないので、電子決済と現金をバランスよく利用するのがよいでしょう。