仏教系大学の偏差値ランキング

仏教系大学一覧

まずは仏教系大学の一覧ですが、けっこうな数がありますので、ウィキペディアを閲覧するのが手っ取り早いです。ここには書かないです。

仏教系大学 - Wikipedia

仏教系大学の偏差値

偏差値といっても変わるので何とも言えませんが、だいたい50~55くらいあるのが、駒澤大学、龍谷大学、京都女子大学、佛教大学あたりです。他の大学はほとんどが40代です。

ちなみに駒澤大学、龍谷大学のような大学でも、仏教系の学部学科に関しては、偏差値40代になります。

なので、仏教学部・学科で言えば、どこもそんなに変わりません。

仏教系大学のランキングに思うこと

私がいつもくだらないことばかり書いているので仕方がないのですが、このブログに「仏教系大学 偏差値 ランキング」というようなワードでアクセスする人が割といます。

それを知って何になるのか、非常に疑問です。実際のところどういう人がそういう検索をしているのかはわからないので、色々と事情があってのことなのかもしれませんが、少なくとも受験生が偏差値を気にしているのであればどうかと思います。

前にも書いたんですが、大学で何をしたいのか、また行きたい大学でそれができるのかを考えないといけません。数字ばかり見てても何にもならないですし、数字だけで大学を判断するのは、大学を単純化し過ぎています。特に仏教であれば宗派も違うんですし、大学ごとに学べることも全然違うんですから、そういうところを見ないといけないと思うんです。

偏差値のような客観的な数字を持ち出さないと、何がよくて何が悪いのかという判断をできないというのは、非常に虚しいことだと思います。自分なりの価値判断ができないのは、あまり良い傾向ではないように思います。

そんなに偏差値が気になるなら、東大京大に行きましょうよ。仏教系の大学ではないですが、仏教学は専攻できますよ。仏教について幅広く学べるので失敗はないんじゃないかな。

そういえば、東大で思い出したけど、龍谷大学はよく「仏教界の東大」なんて言われます。これ誰が言い始めたんですかね。龍大の人が言ったのなら悲しいですよね、自分から負けを認めてるようなもんじゃん。

ついでに

しかし、大学の生き残りという点では大変な問題ですよね。今でも仏教学部ってほとんどありませんもん。これは非常に単純な話で、「仏教学部」という名前だと学生が集まらないんですよ。だから文学部の中に仏教学科を作ったりするんですよね。

学部生の構成がね。日本の大学は高校卒業と同時にそのまま学部に行きますから、高校生の段階で仏教に興味を持つというのが非常に難しいわけです。だから一度社会人を経験した人が学部に入る、という習慣が出来上がれば、仏教学部として残ることもできそうに思うんですが、うーん、なかなか…。

この中で考えれば、偏差値が割と重要になってきます。やっぱり、高校生の間に仏教に限らず何かに興味を持つことは難しいですし、だったら偏差値の高い大学に行ってる方がハズレはないよね、ということになってしまいます。現に、大学側もそれを意識しており、どことは言いませんが、偏差値を上げるためにも色々な工夫を凝らしています。そして、実際に、偏差値が上がれば受験生も増加しています。

こんなことを言ったらアレかもしれませんが、もともとは仏教系の学部しかなかったのが、後に総合大学になったのは、ある意味は必然だと思います。

最近では教育困難大学なんて言葉もありますし、無駄な大学は廃止してしまえ、文系なんかなくしてしまえ、というバカみたいな声も出ています。物事を単純化しすぎですよ。こんなの高校生が偏差値でしか判断できないのと大差ないです。

もっとこう、なんとかなりませんかね。難しいなぁ…。