ゲームのバグは楽しいものではない


ゲームでないゲームが世の中にあふれる中で、スマブラSPが売れているのは素晴らしいことだと思います。しかし、やはりゲームに対する誤解が強いのか、スマブラがゲームとは違う遊び方をされているようです。

ゲームをしよう

スマブラSPにはちょこちょこバグが存在しているようで、YouTubeなどでもバグを録画した動画がアップされています。特に、しずえさんのアシスト無限増殖バグが人気で、よく見られているようです。皆さんバグを見て楽しんでいるのでしょう。

しかし、それはゲームではありません。スマブラ本来の遊びではないのです。ゲームは試合であり、勝負です。スマブラにおいては、相手プレイヤーを画面の外に吹っ飛ばすことが勝利につながります。そして、スマブラというタイトルはそういう遊びを提供しているのです。

バグを見つけてそれを楽しんでいるのは、ゲームの外側に関することであり、ゲームとはまったく関係がないのですから、ゲーム参加者の態度してふさわしくありません。

スマブラに関しては大丈夫そうですが、以前別のゲームでバグが発見された際、制作者も一緒になって笑っていることがありました。自分が提供した遊び方とは違う方法で楽しいと言われているのだから、制作者は笑っている場合ではありません。恥を知るべきです。

確かに、遊んでいて急に画面が変なことになったら興味を抱くのは無理ないでしょう。たとえば野球の試合をしているときにバッターが打ち、手放したバットが奇跡的に直立したら「おお!」ってなったりもします。しかし、だからといって「バット立った、スゲェ!みんなで立てようぜ!」となってしまったら、それはもはや野球ではありません。野球をしに来ているのだから野球を楽しむべきです。デジタルゲームにおけるバグはそれに近いものでしょう。

ゲームは遊びです。しかし、真剣な遊びです。ゲームの参加者はルールに従う必要があります。勝利を目指すのが最低限のルールなのですから、バグを楽しむという勝利とは何の関係もないところで騒ぐのはよくありません。

チートもダメ

ついでなのでもう一つ。バグを使ってゲームに勝利しようとする人も少なくありません。繰り返しになりますが、ゲームは真剣な遊びです。チートを使ってゲームに参加するのは相手に対して失礼です。

チートを楽しいと思える人は、もしかすると真剣な遊びを経験したことがないのかもしれません。子どもの頃にやるであろう鬼ごっこは遊びではあるけども、しかし手を抜くなんてことはしないはずです。全力で走るはずです。この真剣な遊びの喜びをぜひとも感じてほしいと思います。これは年齢は関係ないですよ。大人になっても真剣に遊べます。

さいごに

スマブラSPが発売されたことに私は喜んでいたんですけども、同時にゲームが理解されていないということもわかるようになり、ちょっとショックです。もしかするとゲームはダメかもしれません。よくよく考えれば「eスポーツ」という名称からもゲームの限界を感じます。

うーん、ゲームの輪郭をハッキリとさせた方がいいかもしれません。その方法はわかりませんけど。