文学

トルストイ(米川正夫訳)『イワン・イリッチの死』を読んだ感想

死のない世界 『イワン・イリッチの死』とそれほど関係ないかもしれませんが…。 最初のほうに「死んだのはおれではなくてあの男だ」とありますが、自分の死を意識しない(できない)のは昔からなのかもしれませんね。 私は、少なくとも現代の日本には、死が…