nancolu

一般人の個人ブログです

アブラサス薄い財布のメリットとデメリット



メリット

無駄がない

薄い財布には本当に無駄がありません。カード、札、硬貨を1つにまとめるためにはどうすればいいのか、というのを考えた際に、「これ以外の形は考えられない」と思うほどに無駄がないです。

このすごさを実感するためには、無駄のない財布を自分で作ってみる、くらいのことをしないと分からないんじゃないかと思います。カードと札を輪ゴムで留めてみるとか、なにかそういう工夫を経験したことがある人であれば、薄い財布の構造にビックリするでしょう。

使いやすい

カードと札の出し入れが非常にやりやすいです。薄い財布のカード収納は、カードを重ねるので使いにくいと感じる人が多少いるようなのですが、切込みが入っているので簡単にカードを出すことができます。入れ直すときは確かにやや入れにくいかもしれませんが、残りのカードを若干出して、そこに重ねるようにすると、簡単に収まります。これは慣れですね。札は言うことないです。入れるのはめっちゃ簡単ですし、出すときは「ペロッ」みたいな感じで出せます。銀行員が札を数えるようなイメージです。感覚が面白いというのもあるのですが、札を数えやすいという意味でもすごく良いです。

そして小銭なんですが、これは確かに使いにくいです。薄い財布はもう5年使っていますが、未だに慣れないところがあります。しかし、そもそも小銭は使わないものなので、「緊急用」的な感じで考えるとそれほど問題でもないかなと思います。むしろ小銭を収納できるのは便利です。これを言うと「財布なんだから小銭を収納できるのは当たり前じゃないか」とか反論が来そうなのですが、こういう人は先ほど書いた財布への工夫をしたことがないのだろうと想像します。小銭を収納できるのはスゴイことです。

持ち運びやすい

名前の通り非常に薄いですし、あと軽いんですよね。なのでズボンのポケットに入れておいても特に邪魔になることはありません。非常に快適です。それにポケットに入れていても形が浮き上がらないので、見た目としても綺麗です。

デメリット

カードがあまり入らない

一応5枚のカードが入るように設計されています。ただ日常的に必要なカードって意外とあって、クレジットカード、キャッシュカード、免許証、健康保険証、交通系ICカードなどが代表的だと思います。まあ、健康保険証は自宅で管理する人もいますし、免許証も車に置きっぱなしの人もいるかもしれまんせから、減らそうと思えば減らせるんですけども、もうちょっと収納できてもいいんじゃないかと思わないでもないです。

私の場合はポイントカードは一切使っていないので、そういう意味では、全体として持っているカードの数は他の人よりも少ないだろうと思っているのですが、どうせなら持っているカードを全部1か所にまとめたいので、もうちょいスペースが欲しいですね。

ICカードの誤作動

ICカードは財布から出さなくても、財布ごとタッチして使えるのが1つのメリットです。しかし薄い財布でこれをすると、基本的にはカードを重ねて収納するために、誤作動を起こして反応しません。特に交通系ICカードは不便ですね、いちいち財布から出す必要があります。

一応、これに関しては、誤作動を防ぐためのカードを使えば対処できます。私も使っていて、カードを出さなくても財布ごとタッチできます。

しかし、誤作動を防ぐためのカードを入れないといけないので、収納スペースがなくなるのがちょっとイタイです。

代替がきかない

これはデメリットというか、ある意味では素晴らしいことなのですが、薄い財布以外の財布は使えません。

たいていのものは他のものを使うことができるんです。例えば、今私のパソコンはレッツノートなのですが、別にエイスースの3万のパソコンでも使えないことはありません。ボールペンはジェットストリームを使っていますが、なければ100均のでも問題ありません。

しかし、カード、札、硬貨を無駄なく1つにまとめるとなると、薄い財布以外では無理です。今までも、薄い財布以外にもっと合理的な形があるんじゃないか?と思って、色々なものを探したり、あるいは自分で作ろうともしました。しかし、カードと札に関しては問題なくクリアできるのですが、硬貨を一緒に収納するとなると、これが難しいんです。だったら硬貨を使わないようにすればいいと考えたこともあるのですが、それはさすがに厳しいですしね。そして結局、薄い財布に落ち着くことになります。

そういうわけで、薄い財布がもしなくなってしまったとすると、その後を考えるだけでも恐ろしいです…。お金が完全に電子化されるようなことがない限りは、薄い財布以外の形はあり得ないと思います。