nancolu

一般人の個人ブログです

友達は多い方がいいのか?



友達の数

やっぱりLINEは使いたくない - nancolu

LINEの友達になっている数が多いほどスゴイ、という価値観があるようです。実際の友達の数ではなく、LINE上の数値である点がなかなか興味深いところですが、細かいことはまあいいでしょう。

タイトルの通りなのですが、友達は多い方がいいのか、ということについてです。一般的には友達の数が多い方が良いと言われることが多いように思います。「良い」というのは、おそらく、豊かな人生を送ることができるとかなんとかそういう感じの意味なのでしょう。

友達の定義はまあ置いといて(これもある意味では重要なのですが)、その数という客観的な指標で幸福度を測るのはできません。幸福かどうかは、友達と実際になにをするか、というところだと思いますし、またそれは主観的な問題ですから、数の多い少ないは本当に関係ないと思います。

むしろ少ない方がいいのでは?

本当にそれが友達なのであればまだいいのですが、友達の数が多いということは、どこかでその友達に自分を合わせているところがあるはずです。そもそも人間は一人ひとりまったく違うのですから、人が多くなるほどに考え方の合わない人が出てきます。別に楽しくともなんともないのに、なんとなく友達の数は多い方がいいと考えて付き合うのは、居心地が悪いというか、なんだろうな、それでいいのかなと思うんですよね。

自分のやりたいことがあっても「友達はやりたくないみたいだから」とか言って、その友達に合わせているのでは、いつまで経っても自分のやりたいことができないし、もっと極端なことをいえば、それは自分の人生ではないはずです。結局のところ、それは自分をないがしろにしていると思うんですよ(自分がないからこそ、ないがしろにしても問題にならないのかもしれませんが)。

自分の考え方に合う人がたまたま多かった、というのであればいいんですが、やっぱりそれはかなりレアだと思います。「自分は特殊だから誰も相手にしてくれない」と思い込むのはちょっと大丈夫か?となりますが、自然と友達になっていくような関係を築ける人って、必然的に少なくなると思うんです。友達が極端に多いというのは、意図的に合わせないとできないと思うんですよね。

自己の発達と関係が?

あまりこういうことをいうと怒られそうですが、友達の数は多い方がいいと考える人は、なんとなく自己が未発達なのではないかという気がしないでもないです。自分に自信がない、またそんな自分を認めたいとも思っている。自信のない自分が自分を認めることはできませんから他人に頼らざるを得ず、また自己がなく主観的に考えることができないために、友達の数という客観的な数字を重視する。