nancolu

一般人の個人ブログです

スーパーカップ1.5倍みそラーメンを食べた感想



f:id:k024:20180513125255j:plain

スーパーカップ1.5倍 みそラーメン

エースコック株式会社

希望小売価格:200円(税抜価格)

内容量:133g(めん 90g)

しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメンです。3種類の選び抜いた味噌をベースに、ポークの旨みと香味野菜の風味が特長の「旨み ど!ストライクスープ」です。味噌の配合バランスを見直し、余韻のあるおいしさにしました。シャキシャキとした食感の良いキャベツ、肉そぼろ、コーン、ねぎ、唐辛子を加えて仕上げました。

(引用:スーパーカップ1.5倍 みそラーメン|商品情報|エースコック株式会社

感想

一言でいえば普通でした。うまくもなく、まずくもなく、です。いや、はっきりといえば不味いですけど、値段を考えたらこんなもんでしょう。お湯を入れて数分待つだけでこれが食べられると思ったらすごいもんです。

カップ麺にこういうことを言うのはナンセンスなような気もしますが、麺はゴムを食べているような感覚でした。「カドメン」ということで、太い麺、食べ応えのある麺というコンセプトになっているのだと思いますが、食べ応えというよりも食べにくい、噛んでも口に残り続ける、そんな印象を受けてしまいます。

あと、野菜は確かに多かったと思います。キャベツが多い印象でしたけども、シャキシャキというほどではないですが、キャベツだなぁと思えました。味噌の茶色いスープに、黄色いコーンや赤い唐辛子が浮いているのは割と印象的でした。味はよくわかりませんでしたが、ビジュアル的には面白いのかもしれません。

この記事なんなんだろうなぁと書きながら思うのですが、こういうことを言うのもなんですが、カップ麺は日清のカップヌードルで完成されているような気がします。起源にして頂点、みたいな存在ですよね。カップヌードルの何が良いかといったら、何も考えずにズーとすすれることです。フタを開けてお湯を入れるだけです。うまいわけでもない。でもカップ麺はそもそもうまい必要はなくて、さっと食べれたらそれでいいわけです。だから食べやすければそれでいわけで、麺の太さもカップヌードルは細くていいですよね。

ただ、売り上げ、生き残り、という意味では何らかの形で差別化をしないといけませんし、そういう意味では本来の目的(というのがあればの話ですけども)から外れたカップ麺は当然出てきますから、その点ではスーパーカップ味噌味は工夫がなされていて面白いなと感じました。こういう商品を作るのは大変だろうと思います。