スマブラ初心者向け!読み合いを征して勝利をつかもう

読み合いが勝負のポイント

この記事「【スマブラ】上達のために知っておきたい基本中の基本(初心者向け)」にも書いていますが、スマブラは攻めるよりも守る方が優位になれます。なぜなら攻撃をすれば、ガードや回避などをされて、その後に反撃されるのがオチだからです。だからこそ上手い人は不用意に攻撃を仕掛けることがありません。

そこで、いかに敵に無駄な攻撃をさせて隙を作るか、というのが重要になります。ここに読み合いが生まれます。

例えば、敵の近くでガードをする、ガードをすると敵は掴みに来るだろうから、敵が来た瞬間に緊急回避で敵の背後に回り込み、敵の掴みが失敗した隙に攻撃を加える、という感じです。

逆の立場なら、敵がわざとらしいガードをしている、おそらく掴みによる隙を狙っているのだろう、そこであえて敵の近くまで行き、ギリギリのところで後ろに緊急回避、敵の緊急回避が終わったところに攻撃を加える、という感じの動きができます。

スマブラではこんな感じの読み合いが常に行われることになります。スマブラというとハチャメチャなゲームというイメージが強くありますが、実はめちゃくちゃ頭を使うゲームなのです。

接近時の読み合い

お互いが接近している状態での読み合いにおいて特に重要となる動作が、ガード、緊急回避、掴みの3つです。

ガードはほぼ無敵状態で持続時間もそれなりにあるのですが、掴みには弱いです。掴みはガードを簡単に破ることができますが緊急回避には対応できず、掴みを緊急回避されてしまうと攻撃されてしまいます。緊急回避は掴みに強いですが、ガードなどでワンクッション置かれてしまうと、緊急回避の終わり際に攻撃されてしまいます。

こんな感じで、3つの動作にはそれぞれ強みがあるのですが、万能というわけではありません。そのため、先ほどの例のように、わざとガードをして敵を誘き寄せて、掴みが失敗したところに攻撃する、というようなことが可能になります。

慣れるまでは難しいですが、接近時に3つの動作をする際は、その動作をした後に敵がどのような動作をする可能性があるかを考えながら、さらにその次の動作につなげられるようにすることが大切です。

上手く組み合わせて、敵の隙を狙いましょう。

空中での読み合い

どちらかが地上にいて、もう一方が空中にいる場合の読み合いです。基本的に空中にいる方は不利です。なぜなら行える動作が限られており、隙が多く、攻撃を受けやすいからです。そのため、地上にいる方が空中にいる方に攻撃を加えようとするのが普通です。

空中にいる方としては、地上にいる方が攻撃をしてくるだろうと予測を立てて緊急回避をし、攻撃をかわして着地した後に、さらに緊急回避で距離を取るか、相手の攻撃が空ぶった隙に反撃するか、というのができます。または、緊急回避をせずに、急降下(空中でスティックを下に入力)をして空中下攻撃を狙うことも可能です。

反対に地上にいる方としては、そのまま攻撃することもできますが、相手が空中下攻撃をしてくることを予測してガードをし、相手の攻撃が空ぶって着地をしたところを攻撃する、ということもできます。

崖つかまりでの読み合い

崖つかまりの状態から色々な動作につなげることができるため、読み合いが難しくなりがちです。

崖つかまっている方としては、そのまま、回避、ジャンプの3つが主な選択肢です。攻撃は大抵の場合、ガードなどで対応されてしまうので、あまり使うべきではありません。そのままは隙が最も小さいため、そのままを使えるのであれば使うのが良いでしょう。しかし相手がそのまま対策として飛び道具や持続性のある攻撃を使うそうな場合は回避がオススメです。回避で相手の背後に回ることができれば形勢逆転なので攻撃のチャンスにもなります。

また不意打ちとして、崖から一度手を放し、再び崖につかまるという方法もあります。これをすると相手のタイミングをずらすことができるので、いざという時には役立ちます。しかし2回目以降の崖つかまりに無敵効果はありません。使いどころに注意です。

反対に崖の上にいる方としては、とりあえずガードでの様子見が便利です。これをしておけばガケのぼり攻撃は大丈夫です。そのまま登りの対策としては掴みや、持続性のある攻撃を使うことです。回避に対しては比較的簡単に攻撃を入れられますが、たいてい後ろに回り込まれているので、撃墜は難しくなります。そこで上攻撃を入れておくのも効果的です。ジャンプの場合は着地を狙いましょう。

遠距離での読み合い

遠距離の場合は、とりあえず、小ジャンプを連続でしようしたり、飛び道具を多用したり、近づいては離れを繰り返したりして様子を伺います。遠距離では読み合いというよりも牽制のし合いみたいな状態になりがちですが、しびれを切らして無理に攻撃を仕掛けるようなことは避けたいところです。

読み合いに勝とう

読み合いはなかなか難しいですが、これに勝つことができれば、勝率は大幅に高まります。正直なところ読み合いには運の要素もあるのですが、実力でカバーできるところは多くあります。練習を重ねて読み合いに慣れておきましょう。

余談ですが、乱闘が始まってから中盤くらいまでは読み合いを意識したセオリー通りの戦いが行われるのですが、終盤に向かうにつれ熱中してしまうのか、徐々に乱れていくことが多いです。

エントロピー増大の法則なんてものがありますが、スマブラにおいても、どんどんカオスな方向に向かってしまうのかもしれませんね(笑)読み合いのセオリーを最後まで貫くのが勝利の秘訣かもしれません。

【スマブラ】上達のために知っておきたい基本中の基本(初心者向け)
スマブラ初心者向けガードを使って上達しよう!
スマブラ初心者向け緊急回避を使って上達しよう!
スマブラ初心者向け!逃げ方を覚えて上達を目指そう
スマブラ初心者向け!適切な攻撃を意識して確実に攻めよう