スマブラ初心者向け緊急回避を使って上達しよう!

【スマブラ】上達のために知っておきたい基本中の基本(初心者向け)

緊急回避の特徴を簡単に

緊急回避には、前方回避、後方回避、その場回避、空中回避の4種類があります。やり方は非常に簡単です。前方と後方とその場に関してはガード中にスティックをそれぞれの方向に倒すだけです(その場回避は下)。空中回避は空中で回避ボタン(ガード)を押します。

このように緊急回避は非常に簡単に出せるのですが、完全無敵の状態になっており、一切の攻撃を受けません。しかも前方回避と後方回避は移動しながら使用することになるため、無敵状態で移動できるという優れモノです。

また緊急回避が終わった直後にはやや隙ができるのですが、それほど大きな隙ではありません。そのため連続で緊急回避を行うこともできますし、緊急回避の直後に攻撃に移ることも可能です。

さらにガードのように制限時間がないため、使い放題。かなり強力なテクニックです。簡単に使えてかつ強力であるため、すぐにマスターしてしまいましょう。

緊急回避を使うべき状況

緊急回避は無敵で、使用制限がなくて、連続で使えるため、常に緊急回避をしてしまいたくもなります。しかしそんな緊急回避も万能ではなく、多少の隙はありますし、無敵時間はそれほど長いわけではありません。

そのため、発動時間の長い攻撃をあらかじめ出しておいたり、緊急回避が終わる場所でスマッシュ攻撃を溜めておくと、緊急回避が終わった瞬間に攻撃を受けることになります。

このようなことを避けるためにも、緊急回避は適切に使う必要があります。また使うべき状況というのはガードとそれほど大きくは変わりません(スマブラ初心者向けガードを使って上達しよう!)。

不利なとき

まずは不利なときです。こちらの攻撃をかわされたときや、敵の攻撃を受けそうなときに使います。

緊急回避はガードとは違って掴みもかわすことができます。敵が掴みをしそうな気配であればガードではなく緊急回避をしましょう。

また後方回避を連続して使うことで、敵と距離を取ることができます。危なくなったらとりあえず回避で安全な場所まで移動し、体勢を整えると良いでしょう。

様子見

敵との間に十分な距離があり、敵の出方を伺いたいときに使います。敵との距離を急に詰めて、その後すぐに後方回避でまた距離を取る、というように牽制として使うこともできます。無理をすると攻撃されかねませんが、適度に使うことでプレッシャーを与えることができ、有利な状況に持ち込めるかもしれません。

攻撃をしたいとき

敵の近くで前方回避と後方回避を上手く使って間合いを取り、隙を見ては攻撃をしかけます。緊急回避は移動しながら使うことができるので、ガードよりも攻撃をしやすい状況が作れます。

緊急回避から次の動作へつなげよう

緊急回避の後には若干の隙ができてしまうのですが、それほど大きな好きではないため、次の動作につなげることができます。

例えば、至近距離で敵の攻撃を前方回避を使いながら避けつつ敵の後方につき、そこから攻撃につなげる、というような感じです。緊急回避の直後にスマッシュ攻撃や必殺技を使うと大きな隙を作ってしまいますが、弱攻撃や強攻撃ならスムーズにつなげることができます。

緊急回避を適切に使えるようになれば、逃げやすくなると同時に、攻撃するチャンスも作りやすくなります。積極的に使ってみましょう。

スマブラ初心者向けガードを使って上達しよう!
スマブラ初心者向け!逃げ方を覚えて上達を目指そう
スマブラ初心者向け!適切な攻撃を意識して確実に攻めよう
スマブラ初心者向け!読み合いを征して勝利をつかもう
【スマブラ】上達のために知っておきたい基本中の基本(初心者向け)
大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DSを買って遊んでみた感想