スマブラ初心者向けガードを使って上達しよう!

【スマブラ】上達のために知っておきたい基本中の基本(初心者向け)

ガードの特徴を簡単に

スマブラは攻めではなく守りが強いゲームです。そして守りにおいてガードは基本中の基本となります。

ガードはボタンを押すだけで簡単に出せ、投げ以外のほぼすべての攻撃を防ぐことが可能です。一般的な格闘ゲームでは上段・中段・下段・後方と相手の攻撃にあったガードが必要ですが、スマブラの場合はすべて同じガードで対応できます。

しかしガードは長く使うことで守備範囲が小さくなっていきます。小さくなるとガードをしていても攻撃を受ける場合があり、スティックを使ってガードの位置を調節する必要があることに注意です。

また、相手の攻撃を受ける瞬間にガードを使うと、ジャストガード(ジャスガ)と呼ばれる特殊なガードが発動します。ジャストガードが成功すると、ガードが小さくならず、反動も少ないため次の行動に移りやすくなります。ただジャストガードはタイミングがやや難しいので最初は確実に相手の攻撃をガードできるようにすることが大切です。

ガードを使うべき状況

ガードをしている間はほぼ無敵状態ですが、使用時間に制限があるため使うべき時に無駄なく使っていきたいところです。そのガードを使うべき状況は大まかに3つです。

不利なとき

最も一般的な使い方です。「不利なとき」というのは具体的には、こちらの攻撃をかわされて隙ができてしまったとき、遠距離攻撃を多用されているとき、などです。あまり意識しなくても「あ、攻撃されそう!」と感じる場面は意外と多くあるので、そのような時は直感的にガードをしましょう。

様子見

敵との間に十分な距離があり、それほど危険な状態ではないけども、不意なダッシュ攻撃や遠距離攻撃を受ける可能性がある状況で使います。ガードが堅いことを示しておくだけでも敵にとっては心理的な負担になりえるので効果的です。

しかし掴み・投げがされかねない程度の距離である場合には、ガードはただの隙でしかないため、間合いには注意しましょう。

敵に接近したいとき

ダッシュガード(走行ガード)というテクニックを使うことで、敵に近づきつつもガードすることができます。やり方は移動中にガードを押すだけです。

敵の様子をうかがいながら接近できるため攻撃につなげたいときに便利です。もし敵が攻撃してきたらガードして反撃し、ジャンプで逃げられそうになったらガードキャンセルジャンプ(あとで説明します)で追いかけることもできます。

ガードから次の動作に移ろう

ガードをそのまま解除すると少しだけ隙ができてしまうのですが、この隙を作らずに次の動作に移るテクニックのことをガードキャンセル(ガーキャン)といいます。このガードキャンセルを活用することで、ガードから反撃したり、さらに回避をして敵との距離を取ることも可能です。そしてこのガードキャンセルには5種類あります。

  1. ジャンプ
  2. 緊急回避
  3. 掴み
  4. 上必殺技
  5. 上スマッシュ攻撃

この中でも特に重要なのが掴みです。相手のスマッシュ攻撃や必殺技をガードで防ぐことができれば、相手は隙だらけの状態で目の前にいることになります。そこですかさず掴み・投げで反撃します。また投げからはコンボにつなげやすいので大きな攻撃チャンスとなります。

もし相手の攻撃をガードしても相手に隙がない場合や追撃されそうな場合は、いったん緊急回避し、緊急回避から反撃に移ることもできます。

とにかく使ってみよう

ガードは掴み以外のほぼすべての攻撃から身を守ることができ、さらに攻撃につなげることもできる非常に強力なテクニックです。実践でどんどんガードを使って、最適なタイミングでガードを使えるようにしましょう。

そしてガードができれば攻撃もできるようになります。このようにスマブラは守りが非常に重要です。いきなり攻撃をするのではなく、守りから攻撃に移れるようにすることで大幅に上達することができます。

【スマブラ】上達のために知っておきたい基本中の基本(初心者向け)
スマブラ初心者向け!逃げ方を覚えて上達を目指そう
スマブラ初心者向け!適切な攻撃を意識して確実に攻めよう
スマブラ初心者向け!読み合いを征して勝利をつかもう
大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DSを買って遊んでみた感想