nancolu

一般人の個人ブログです

宗教学を学べる大学ってけっこう少ないんですね

宗教学を学べる大学

今更ですけども、宗教学を学べる大学って日本ではかなり少ないんですね。今サラーっと「宗教学 大学」で検索したんですけども、こんなに少ないんだぁとちょっと驚きがありました。宗教学はマイナーなんですね。

宗教学を学べる大学は、ざっと調べた感じでは、北大、東北大、筑波大、東大、九大みたいな有名国立大学が中心で、私立大学だと関大くらいしかないです。あと同志社が神学ですけども一神教研究と京都宗教系大学院連合を作ってキリスト教以外にも幅広く研究していて、天理大学が最近大学院を作ったみたいです。

まあ広く考えれば、宗教系の私立大学はたくさんあるので、やろうと思えばできるでしょうけども、狭い意味での宗教学ができるところはかなり限られているように思います。京大も宗教学研究室ありますけど宗教哲学ですからまた違いますし、そういうのを省いていくとあまり残らないように思います。

宗教そのものを研究するというよりも、他の分野からそれと宗教の関係を研究する、というのが多いんですかね。歴史なんか宗教なしでは語れませんし、芸術は宗教の影響を強く受けていますし、政治も宗教関連の出来事が多いですし、あまり関係なさそうな法律でもその成立の背景には宗教の影響があります(法文化論とか)。そういうものも含めるとほぼすべての大学で宗教の勉強はできるのでしょうけども、やっぱり宗教学として宗教を勉強できるところは限られていますよね。なんでだろう?ここにも神道非宗教論の影響があったりするのかなぁ、ないかぁ、まあいいや。

宗教文化士っていう資格も最近というか5,6年くらい前に出ましたけども、これも宗教学に広く興味を持ってもらうとかそんな感じの意味合いがあるんですかね。一般的に日本人は無宗教で宗教嫌いなところがあると言いますから、しかも高校卒業の段階で宗教に興味を持つ人とかかなり少ないでしょうし、学生集めでも苦労があるのかも。宗教学部とか宗教学科はなくても、「人間学部」とか「人間文化学部」とかそんな感じの名前で、宗教学もやる、というスタンスになっているのかもしれないですね。