就活生必見!就活で本当に役立つ資格とは?

就活生が気になる点の1つに資格があります。資格は評価の対象になるのでしょうか。またなるとするならば、どのような資格を取得すべきなのでしょうか。

就活における資格について

結論からいうと、資格を重視する企業はほとんどありません。仕事をする上で何らかの資格が絶対に必要となる、という場合は別ですが、基本的に資格を持っていることが理由で内定に繋がることはありませんし、逆に資格を持っていないことで不採用になることもありません。つまり資格を取得する必要はない、ということです。

なぜ資格は必要ないのか

それではなぜ資格は必要ないのでしょうか。一言で言ってしまえば、使いようがないからです。世の中には数えきれない程の資格があります。しかしそれらの資格を持っていても仕事に活かせることはほとんどありません。

難関の資格なら評価される、という意見もあります。例えば公認会計士や司法書士、中小企業診断士などです。しかしその資格をどう仕事に使うのかを説明しなければならないでしょう。面接官としては、そういう専門的な資格を持っているならその方面の仕事に就かれたらいいのではないですか?という感想を抱いてしまいます。

また資格は後からでも取得することができます。別に就活の段階で資格を持っていなくても、入社してから資格を取ればいいだけです(銀行はそうですね)。

英語力はその場で確認すればよい

就活生の間で人気の高い資格としてはTOEICや英検など、英語に関するものがあります。このような英語に関する資格もあまり意味がありません。というのは、面接で英語が使えるかどうかを確かめればよいだけだからです。

TOEICで何点取得しました、というのが履歴書に書かれていても、実際に英語を使って仕事ができるレベルであるのかは分かりません。それならば面接で実際に英語を使って喋るなどをすれば、その人の実力というのはすぐに分かります。

あくまで「仕事に使えるかどうか」が重要なのですから、TOEICの点数はあまり関係がありません。

確かに製薬会社などではTOEICの点数が評価されることがあります。というのは、薬に関する論文が英語で書かれているため、それを読むために必要となるからです。しかしこのように仕事で本当に求められている場合には、企業は明確に必要であることを伝えているはずです。

逆に言えば、必要であることが求人票などに明記されていない場合は、なくてもいいということです。

それでも必要な資格はあるのでは?

それでも必要な資格はあるんじゃないの?という疑問もありそうです。くどいですが、必要な資格がある場合は企業は求人票などに明記するはずです。書かれていないのであれば特に必要ありません。

強いて言うのならば、運転免許くらいでしょう。しかし運転免許についても必要なのであれば求人票に書かれていますし、必要でないのならば書かれません。

でも資格があれば多少は評価されるのでは??

資格を持っているからといって履歴書に書けばよいというものではありません。これもよく言われることですが、その程度の資格しか取れないんだな、という悪評価に繋がることもあります。

例えばTOEICで550点と書けば、この人は550点程度の英語力しかないんだな、というような感じです。また、漢検や色彩検定などが資格欄に書いてあれば、一体何をアピールしたいのだろう、というような印象も与えかねません。

どうしても資格を履歴書に書きたいのであれば、特技・趣味欄に「資格取得」というように記載し、面接の際にその点を聞かれたら「いろいろなことに興味があって知識を吸収するのが好きなんです」というように勉強が好きであることをやんわりとアピールするくらいがちょうどよいでしょう。

日東駒専、産近甲龍は学歴フィルターではじかれる??
うそ?ホント?文学部は就活に不利なのか
就活生必見!「勉強したいから志望しました」は不採用
コネは汚くない!コネの作り方、教えます