nancolu

一般人の個人ブログです

せき止めて固定してしまうから良くないんですよ多分

さっきニュース番組の特集で、車の事故を無くしましょうみたいな講習会で自動的にブレーキがかかる安全装置がついた車を体験する、みたいなのがやっていました。それ自体は非常に大切なことだと思いますし、最近ではアクセルとブレーキを踏み間違えて起きた事故が多いですから、こういうことはもっとあっていいんじゃないかなぁと思います。

それでですね、またいちゃもんみたいになるんですが、自動運転車はどうなっているんかなぁと。私もあまりよく分からないのでテキトーなことを言うのもアレなんですが、技術的にはほぼほぼ完成しているんですよね?アメリカではGoogleをはじめ、実際に公道で走らせてテストもしていたと思うんです。日本はどうなんかなと思うんですよ、技術的なことよりも法的な問題の方が大きいようで、技術者の中には自動運転車が流通したら仕事がなくなって困る機関があるとかで、浸透するまでにはかなり時間がかかるんじゃないかと言っていました。

何かに固執するのはよくないと私は思います。環境とかそんなものは常に変化しているんですし、またそれが普通であるわけです。なのに「これが私の仕事だ、なくなったら困る」とか言って、あるものとして捉えると、そりゃおかしなことになりますよね。例えば、心臓が「この血はワシのもんじゃ!」とか言って血を体に流さずにせき止めるとするじゃないですか(心臓を擬人化するなら、やっぱり頑固おやじですね)。そしたら体全体がダメになって、ゆくゆくは心臓そのものがやられます。別に川でも海でもなんでもいいんですけども、川に岩かなんか置いてせき止めたら氾濫するじゃないですか。一か所止めるだけで全部がおかしくなっちゃいます。会社でもいるでしょう、大した成績も出せないのにずっと同じポストにしがみついて自分の利益を最大化しようとする人。これも結局は会社全体が悪くなって、どうせ結局は自分にも返ってくるわけなんですから。あと貯金もそうですよね、将来心配とかいって貯金するけども、その貯金で経済が回らんわけですから自殺行為です。

必要に応じてどんどん仕事なんか変えていけばいいと思うんです。環境が変わるのが当たり前なのに「これが私の仕事だ」とかいってたら、いつかは困るでしょうね。たまたまその仕事が必要とされて長いこと続くというのはいいと思うんですが、特に必要とされているわけでもなく、また重要性もないのにやってても、周りにとって良くないし、自分自身にとっても良くないでしょう。自分で自分の幅とか可能性とか多様性とかを狭めているんですもん。自分の利益というのが大切なのかもしれませんが、その「自分」という概念が極めて曖昧であることを認めた方がいいと思うんです。そんな守るほどの「自分」というのは、本当はないと思うんです。

「職業不詳」というのは悪い意味で使われることが多いですが、特定できないほど色々やってる、コロコロ変えているという意味で使うなら、割といいかもしれません。今度の確定申告で職業欄を不詳にしておこうかな?まあしないけどね(笑)