混同していない?楽と堕落の違い!

「楽」と「堕落」、よく似た意味を持っており、また発音も何となく似ている2つの言葉ですが、実は明確に異なるものです。それではこの2つはどのように異なるのでしょか?

楽とは

楽をする、というのを言い換えると、効率をよくする、と表現することができます。

例えば、仕事がたくさんあって、なかなか終わらすことができないとしましょう。この時に、仕事ができる限り早く処理できるように工夫をすることが楽です。

楽を「なまける」というような意味で使い、「楽をするな!」と言う人もいるのですが、肉体的や精神的に負担のない状態という意味での楽は、本来は相手に対して使いものです。例えば、お越し下さったお客さんに「あまり緊張なさらず、楽にしていてください」というような感じです。

堕落とは

堕落はなまけるのとほとんど同じ意味です。

例えば、仕事がたくさんあって、なかなか終わりません。この時に、「そうだ、仕事なんかやめてしまおう」というのが堕落です。

先ほどの「楽をするな!」は「堕落しているぞ、気を引き締めろ!」というような表現の方が適しているかもしれません。

楽と堕落は違う

このように楽と堕落は似ているのですが、異なるものです。

仕事ではよく見られる光景ですが、従来のやり方を見直し効率化を図ると、どこからともなく「楽をするな!そんなやり方をするんじゃない!!」と怒鳴る人がいます。仕事において楽は大いにすべきです。効率化をするとなまけているように見える部分もありますが、慣習を意識しすぎるのは悪影響を与えることもあります。

逆に、外回りの時に「ちょっと楽をしましょうよ~」と甘えてくる部下もいます。これは楽ではなく堕落です。やるべき仕事はやらなければなりません。なまけたいのであればさっさと仕事を終わらし、家に帰ってからにすべきでしょう。

楽と堕落の違いを意識すると、日々の行動にも変化が現れるかもしれません。

それがダメ!サラリーマン思考では成功出来ない理由
社長の頭はおかしい?なぜ社長はめちゃくちゃなのか
コネは汚くない!コネの作り方、教えます
悲報、サラリーマンはどんなに頑張っても給料は上がらない
お金を使うのが怖い?なぜお年寄りはお金を使わないのか