nancolu

一般人の個人ブログです

親も子供に対して苦労している



すみません、ちょっとタイトル変かもしれませんが、悪い意味ではありません。

子供が変になるのは親が悪い(と思ってた)

ここ最近、若者が変になってしまうのは、その親に原因があると思っていました。「もっと勉強しなさい、いい学校に行きなさい、いい会社に行きなさい、それが幸せなのよ、あなたのためなのよ」みたいなことを、親は子供に言い続けるわけです。

実際のところ、幸福というのがそんな簡単に決められるものではありません。言っちゃ悪いですけども、極めて薄っぺらい思考としていると思います。視野が狭いですね。

ただ、子供というのは、ここ最近は特に記号的な思考をするようですから、親の言葉を文字通り受け取って、親の期待に沿うように、学校で勉強して、家に帰ったら「勉強しなさいと」言われて勉強して、塾に行って、というようなことをひたすら繰り返して、いい大学に行けるように努力します。

また、「いい学校に行けば、幸福になれる」というのは、逆に言えば、行けなかったら幸福になれないのですから、ただの受験に過ぎないのに、人生を決める大事になってしまいます。そのプレッシャーは恐ろしいものでしょう。

さらに大学に入れたとしても、その後すぐに就活があります。すぐにといっても多少の時間はあるのですが、就活のネタ作りのために部活に入る、留学する、というように、就活を前提にした学生生活になってしまいます。そして受験と同じように、就活に成功したら幸福だけど、失敗したら終わりです。受験に関しては浪人という選択肢もありますが、新卒は文字通り1回です。

こんな感じでずっと目的を意識して生活します。過程を意識することがありません。目的を達成すれば次の目的のためにまた頑張らないといけない。ではその最終的な目的を突き詰めていけば何になるのか、となったときに、真面目な人は死を意識してしまうようです。

子供は親の発言にかなり影響を受けます。そして親は「いい学校に」と言います。子供が疲弊するのは親のせいでしょう。

親も苦労している

というように思っていたのですが、どうも親としても状況は同じなのだそうです。つまり、子供をしっかりと育ててやらなければ、この子供は不幸になってしまう、というプレッシャーがあるようです。では子供を幸せにしてやるためにはどうすればいいのだろうか?となったときに、わからない。

ちょっとテレビや雑誌を見てみると、「子供の将来が危ない!?」「本当に就職に強い大学はここだ!」「これをすればIQが高くなる!?」「早期教育をしなければ子供はバカになる!」みたいなことが言われています。子供のことを心配している中で、こんなことばかり言われ続けていれば、そりゃちょっとは気になりますよ。

子供としては親にあれこれ言われ続け疲弊してしまうのですが、親も子供に対して真剣になるからこそ様々な言説に疲弊しています。

子供をもうちょっと信頼してもいいのでは?

私には子供がいないので、あまり親の立場というのを考えたことがなかったので、なるほどなと感じました。しかし親が子供に対して真剣になるほどに子供が疲弊していくのもなかなか皮肉なもののように思います。

私が思うに、もうちょっと子供を信頼してもいいんじゃないでしょうか(テキトーなこと言ったら怒られそうだけど)。自分が子供をしっかりと見てやらないと子供はダメになる、という発想が背景にあると思うのですが、それは子供への不信感でしょう。そういう意味では子供は割としっかりとしていると思うんですよね。

中には子供を大人として扱い、子供にもそれを要求する場合もあるようなのですが、子供は子供扱いすべきです。そしたら、しばらくは暴れるでしょうけども、勝手に成長していくと思うんですよね。その方向性はわかりませんが、本人が自分で選択して、その選択に納得しているのであれば、本人にとってはそれが幸せなんでしょう。

そもそも、いい大学、いい会社、家庭を持つ、というような幸福感は、万人に受け入れられるものではありません。中にはそれを幸福だと感じる人もいるでしょうけども、そうでない人もいるはずです。子供の反抗を引き出すために、あえて固定的な価値観を提示するのであれば、まだわからないでもないですが、多くの場合はそうではないと思います。