お金を使うのが怖い?なぜお年寄りはお金を使わないのか

f:id:k024:20170710215035j:plain

お年寄りはたくさんのお金を貯金しており、また使おうとしません。ある統計では、お年寄りが亡くなる際の平均貯金額は約3,000万円だというデータもあるほどです。退職して時間が多くあり、さらに3,000万円ほどのお金があるのであれば、パーっと遊べばいいようにも感じられますが、なぜお年寄りはお金を使わないのでしょうか。

使わないのではなく使えない

経済を回すためにも、お金を多く持っているお年寄りに消費を促したいと考える人は多くいます。これは利益を追求する営利企業だけでなく、政治家の中にもそのようなことを言う人はいます(ある財務大臣は「なぜ老人はお金を使わないのだ」とキレていましたね)。

しかしこれはお年寄りの立場をあまり理解していない考えだと言えます。なぜなら、お年寄りはお金を使わないのではなく、使えない状態にいるからです。なぜお金を使うことができないのでしょうか。それは一言で言えば収入源が限られているからです。

収入は年金だけ、貯金額は減る一方

お年寄りの収入源は主に年金のみです。そのため、退職後は少ない年金と貯金だけで生活していかなくてはなりません。

また最低限の生活をするだけでも、食費や光熱費などたくさんの出費があります。さらに年を取ると病院のお世話になることも多くなるため、治療費なども重なるでしょう。これに加え、趣味などにお金を使えば年金などすぐになくなってしまいます。

すると預金通帳の残高は常にマイナスになります。ここで多くの人はこう感じるかもしれません。

「マイナスと言っても数千円とか数万円程度でしょ?現役時代の貯金や退職金とかでお金はあるんだから大したことないじゃん」

確かにそれはその通りでしょう。多少マイナスになったところで生活ができないわけではありません。しかしお年寄りにとってはそうはいきません。なぜなら常に減り続ける預金通帳が怖いからです。

お年寄りにとって収入源は少ない年金のみです。しかも将来的には年金は崩壊するとも言われており、これは若者だけでなく、お年寄りにとっても大きな不安要素です。さらにいつまで生き続けるかも分からず(長生きがリスクとまで言われる時代になりました)、ちょっと躓いただけで病院のお世話になるかもしれない生活です。

多少なりとも何らかの収入源を自分で確保できるのであれば、多少は不安を和らげることができるのですが、年金だけ、というのはたまらなく不安なのです。稼ぐことができないのですから、あとは貯金するしかありません。

貯金額ではなく収入源を持つことが大切

よくテレビや雑誌では「老後に必要な貯金額はいくらか?」というテーマが扱われます。このテーマに関して多くの専門家がさまざまな意見を出していますが、その金額は3,000万円という意見や、5,000万円という意見、中には3億必要とまで言う人もいます。

貯金がたくさんあるに越したことはありませんが、結局のところ、専門家であっても本当はいくら必要であるのかは分かりませんし、当事者にとってはいくら貯金があっても不安なのです。

ではどうすればよいのでしょうか。それは貯金額を意識するのではなく、収入源を作ることです。年金以外の収入源をいくつか確保し、自分で収入をコントロールすることができるようになれば、少なくともお金の対する不安は払しょくすることが可能です。

どうやって収入源を持つか

問題はいかにして収入源を持つか、です。退職後でも再び仕事をすることは可能ですが、歳を重ねるとさすがに体力面で疲れが出てきます。そのため仕事をするには限界があるでしょう。

体を動かす体力がないのであれば、使えるのは頭、早い話が投資です。投資であれば体を動かす必要はないため、極論寝たきりでも稼ぐことができます。

また投資と言ってもさまざまなものがあります。株式投資はもちろんのこと、FXや不動産、また最近ではアフィリエイトも一つの投資といえるでしょう。

ただ、これらの投資は誰でもできるものではありません。なぜならそれなりの知識が必要となるからです。退職してから始めても十分な成果が出せないどころか、損をしてしまうこともあるでしょう。

だからこそ、若い内から老後の収入源について意識をしておかなければなりません。退職後の失敗は大打撃を受ける可能性がありますが、収入が安定している現役なら、多少の失敗は次に活かすことが可能です。