nancolu

一般人の個人ブログです

コネ入社の炎上で思ったこと



コネ入社を自慢する女子大生のアカウントが話題に。大炎上!→アノニマスに乗っ取られたフリをして逃亡か??コネ入社は良いことか?悪いことか? - Togetter

これを読んでの感想です。まず最初に思ったのは真面目な人が多いんだなぁということです。まとめなので、そういう風にやったのかもしれませんが、「大企業にコネ入社したい」というような意見が多いです。真面目と感じたのは、つまり、何だかんだ言って働きたい人は多いのだなぁということです。私だったらイヤです、働きたくありません。コネ入社なんかどうでもいいから、お金をくれ、株でもいいぞと、そう思ってしまいます。前にも書いたように、入社すればお金がもらえると考えている人もいるようですから、そういう意味での「コネ入社したい」なのかもしれませんが、しかし、少なくとも働こうとしているのですから、すごいなぁと感じました。

それから、コネ入社についてですが、これは私は大賛成です。この会社は経団連とか倫理憲章とかありますから、そういう意味ではアレかもしれませんが、でもコネ入社自体は悪いことでも何でもないでしょう。某書店はコネ入社で有名ですが、私はかなり良心的であると感じているほどです。こういう言い方をすると批判がきそうですが、さすが立派な書店だけあって、採用に関してもしっかりとしているなと思います。

そもそも、就活ナビサイトを使った就活が正しいものとして認識されていることに危機感を覚えます。最近では終身雇用なんてありえないので、すぐに転職する人も珍しくありませんが、それでも人生の多くを費やす会社を選ぶわけです。であるにも関わらず、就活サイトでたまたま知り合っただけの会社に行くのは、あるいはたまたま知り合っただけの就活生を採用するのは、私には違和感があります。それで入社後・採用後に「この会社(コイツ)、合わないな」と言うのでしょう。そりゃ短期間で無理やり関係性を構築するのだからそうなりますよ。それだったら、あらかじめ知っている会社・人材を選ぶ方が合理的です。

日頃から人間関係に慣れていないからそうなるのだと思います。少なくとも、コミュニケーションを「能力」と見なす人は、就活サイトを批判的に捉えるのは難しいのではないでしょうか。

もちろん、仲のいい人間だけで固めてしまうと、それは偏り過ぎであるため、新しい人間との関係構築も重要であると思いますが、それでもバランスの問題であって、コネは採用する側・される側共に大きなメリットのある方法だと思います。