nancolu

一般人の個人ブログです

ネット検索で得られる情報の正確性、ネット検索は役に立たない?

この前久しぶりに高校時代の友達と会って話していたのですが、私がネットの情報の正確性ってどうやって判断するんだろうね、と言ったものだからかなり話がややこしくなってしまいました。ごめんやで(><)あれから自分で言ったことを考えてたんだけども何だかよくわからなくなってきたので、とりあえず書いてみて、少しでも考えがまとまったらいいなと思っています。(テキトーに書いているのでこの記事は参考にしないでね、まあほとんどの記事はテキトーですけども)

情報の正確性をどう判断するのか

私があの時に言ったのは、すごく簡単に言うとこんな感じです。

ネットで検索をするということは前提として検索する事柄について知らないわけだけども、知らないのに出てきた情報の正確性をどうやって判断するの?

友達の反論は、多くの人が正しいと言っていれば(検索結果に同じような情報が多ければ多いほど)その情報の正確性はある程度は保証される、という感じでした。

それに対する私の反論は、では病気に関することを調べたいとして、100人の素人と1人の医者ではどちらの主張の方が正しいか、という感じです。ネットは私のようなクズでも好き勝手言えるのですから、素人が間違ったことを堂々と書くこともできるわけです、ヘルスケア大学とかね。

結局のところ、ネットで検索するよりも専門家に直接聞くのが良い、ということになります。ただ「専門家が言ってるんだから絶対に正しい」と考えてしまうとこれまた危険で、2ちゃん(5ちゃん?)によくある「ソースを出せ」と同じなんですけども、情報そのものを吟味することなく、ソースだけで正確性を判断するのは、それは新興宗教と構造的には同じです。

この辺に関してはバランスが非常に大事で、ソースの信頼性を無視することはできないけども絶対視するのではなく、また情報だけで判断するには予備知識が必要ですから知識があるなら調べる必要はないのであって、ソースの信頼性と情報の正確性の両方について考える必要がありそうです。

知識と情報

情報の正確性について突き詰めて考えると、人間は何も知ることはできないのか、ということになってしまいそうです。私は決してそんなことはないと思っています。確かに懐疑論のようにあらゆることを疑うことはできますけども、それはそれで違うだろうと思いますし。

そこで私は知識と情報の違いについて考えてみたいと思うんです。これはどうなんですかね、私が勝手に考えたことなので自信ないんですけども、2つの違いを簡単に言うと、知識は体系化されており、情報は体系化されていない断片的なもの、だと考えています。

認知科学だったかな?概念は階層構造を持っているという奴です。例えば、「動物」という概念には「犬」や「猫」や「狐」といった概念を持ち、また「犬」という概念は「柴犬」や「雑種」や「マルチーズ」などがあります。「犬」という概念から見ると「動物」は上位概念であり「柴犬」は下位概念です。こんな感じで概念には結びつきがあり、これを拡大していくことが学習であるということなんです。

そして結びつきを持った概念の総体が知識であり、結びつきのない断片的な概念が情報という感じが私の今のところの理解です(ちょっと自信ない)。

ネットにあふれているのは情報です(体系化されているものもあるのですがレアです)。で、その情報の正確性を判断し、また使える情報にするためには、その情報に近いところの知識が必要で、その持っている知識と、情報が持つ知識の外の新しいところが結びつくかどうか、が重要です(勉強と研究の違いを考えると分かりやすいと思います)。

例えば、何らかのニュースという情報に触れるとします。その情報に近いところの知識を持たない人は「そんなことがあったんだ、ふ~ん。なんか可哀そう」みたいな感じで終わりますが、知識を持つ人は「なるほど、今までの状況を考えると起こり得ることだ。今までがこうで、今こうなったから、次はこうなるかもしれないな」みたいな感じに情報の正確性を判断すると共に次に何が起こるのかまで考える、つまり情報を使える状態にまですることができます。

という感じでどうでしょう?ダメ?

(友達は地図のような正確性の高いものもあると言ってたんですが、それは多くの人が共通に持っている体系に関する事柄だからだと思います。これは「多くの人がそう言っているから」と似てはいますが明確に異なります)

さいごに

結局のところ自分で判断するしかありません。そして判断する上で、正しいと思えるような根拠は出来る限り多い方がいい、そのために日々勉強して新しい事柄について批判的に考察し吟味することが求められるのだろうと思います。

最終的には、正しいかどうかよりも自分が納得できるかどうかであり、またその納得できる情報を元に行動した結果として起こり得ること(リスクも含めて)について自分で責任を持つことができるか否か、という点がポイントになるのだろうと思います。

何だかんだでみんな分からないと言いながら手探りで生きているのですから。現実は無限に複雑なのです。