nancolu

一般人の個人ブログです

猫のあくびは必ずしもリラックスを意味しない

ネコがあくびをしていると、「リラックスしているのかな?眠いのかな?かわいい(*'ω'*)」みたいに思う人は多いと思うんですが、ネコのあくびは必ずしもリラックス状態を意味するわけではありません。確かにリラックスしているときにあくびをすることもあるのですが、全部が全部そうではない、ということです。

リラックスというよりも

ネコのあくびで割と多いのが、嫌悪感を示すあくびです。嫌悪感というか緊張に近いですかね。人間でも大事な発表をするときなどプレッシャーを感じて緊張しているときにあくびをすることはあると思うんですが、それと同じで、ネコも同じような状態のときにあくびをします。

具体的なシチュエーションとしては、ネコをなでている時などですね。ネコを撫でることでリラックスし、あくびをすることもあるのですが、その場合は目を細めて甘えたような表情をしたりとか、擦り寄ってきたりとかします。このような仕草が伴わず、撫でても無表情であくびをしているような場合は嫌がっている可能性が高いです。

だいたい、人間の都合としてはネコと戯れて癒されたいのでしょうけども、ネコとしてはボーっとしているときにいきなり人間がしゃしゃり出てきてベタベタ触ってきたら、そりゃイヤになりますよ。「こっちおいでー」とか言ったりもしますが、ネコからすれば「お前がこっち来いや」って話です。

飼い猫で、飼い主とネコの関係性が築けている場合はまだいいのですが、野良猫を見つけて「あっ、野良猫だ、かわいい。ちょっと遊んでみよー」みたいなことは、ネコにとってはあまり良いシチュエーションではないかもしれません。下手に触ると攻撃されることもあるので気をつけましょう。

嫌悪感以外にも、やる気が出てきたときにあくびをすることもあります。やる気とあくびでは全然関係ないようにも思えるのですが、あくびがやる気スイッチの役割を果たしていると考えると分かりやすいかもしれません。

よく起きるときにストレッチをしながらあくびをしているけども、あれは「やったるで~」みたいに気合いを入れています。

こんな感じで、確かにリラックスしていてあくびをすることはあるとはいえ、それ以外にもネコがあくびをすることには理由があり、またその多くはリラックス状態とはむしろ正反対です。

さいごに

別にこれは猫に限ったことではないのですが、動物に関して記事にするのはこれが最初なので書きますけども、人間の都合で動物を考えるのはあまり良くないと私は思っています。

当たり前と言えば当たり前なのですが、多くの人は人間は特別なもので、他の動物よりも優れていると考えていると思います。でも実際には人間と他の動物にはそれほど差があるわけではありません。

テレビで動物が芸を披露していると「あの子、すごく賢いね」みたいに言うことがあると思うんですが、確かに他の個体と比較すると芸の出来る動物は賢いと言えるのかもしれませんが、それ以前に人間の傲慢性というのがどことなく見えてくるような気がします。

人間が他の動物を利用する形での共存ではなく、人間と他の動物の本当の意味での共存っていうかな、なかなか言葉で表現するのが難しいところなのですが、そういうのを目指すための議論というのはもっとあってもいいんじゃないかな、というように思います。

この記事で言いたかったのは、ネコの気持ちを考えよう、ということです。