nancolu

一般人の個人ブログです

打ち上げとか飲み会とかのお店の選び方



お店の選び方

悪くないお店

基本中の基本ですが、良いお店を選ぶのではなく、悪くないお店を選ぶことです。「良い」という判断は人によって大きく異なるのですが、「悪い」という判断に関してはある程度共通することが多いです。

例えば、例えとして不適切かもしれませんが、「あの人カッコいい(カワイイ)!」と思うのは割と好みが分かれますが、「あの人ブサイクだなぁ」はだいたい共通します。お店もそういうもんです。

悪い部分に関しては共通するのですが、ある一定の質を超えると、個人の好みによって評価が変わります。そのため、ある一定の質を超えないところ、つまり「悪くない」を意識すると失敗しません。

もちろん、参加者全員の好みを把握していて、かつ共通しているのであれば、その条件を満たすお店を選べばいいと思います。しかし、初対面の人や、ある程度付き合いはあるけどもイマイチ好みがハッキリとしない場合は、悪くないお店が無難です。

アクセスしやすい

よく言われることですが、行きやすいのは大切です。お店が遠かったり、面倒なところにあったりすると、お店に行くまでに疲れてしまいます。

個室である

オープンな席ではなくて、個室、または仕切りがあるお店が無難です。理由は簡単で話しやすいからです。

馴染みの店

接待あるいは重要なデートなどで使う場合は、自分の馴染みの店にするべきです。理由は簡単で、ホームだからです。慣れているお店であれば緊張したりもしないでしょう。それに、店の人と関係を作っておけば、こちらの好みなども把握してくれているので、それに合わせてくれます。予約をする際に、別に「接待なので」とか言う必要はありませんが、予約の人数や時間帯などから察しくれるので、やりやすくなるでしょう。

もちろん、チェーン店なんかで馴染みにならないでください、まともなお店で。また、馴染みの店を作りたい場合は、昼に10回ほど通って、夜に1回以上行き、後日、昼でも夜でも良いから「いつもお世話になっています、この前旅行に行ってきたんですが、良かったら」とか言って簡単なお土産を持ってきます。これで覚えてもえます。あとは定期的に通います。ちなみに馴染みの店は3店もあれば十分です。何店も関係を持つ必要はありません。

避けたいこと

鍋や焼き肉など

分けなければならない食べ物は基本的には避けたいところです。参加者が食べたいといっているのであればそれでもいいのですが、分けなければならないものは食べることに集中できないのでダメです。それに会話もしにくいですしね。変な遠慮とか出てきたら面倒です。

呼び出しボタンがないお店

まともなお店やカウンターが近いお店はなくてもいいのですが、普通のお店やチェーン店であれば、店員の呼び出しボタンは絶対に必要です。これが置いていないお店はダメです。

メニューの少ないお店

まともなお店や、参加者の好みを把握してる場合は構いませんが、そうでない場合はメニュー(特に飲み物)は多い方がいいです。多ければいいというわけではありませんが、少ないよりはマシです。